新たな相棒 KUOTA KRYON DISC 2017

kuota kryon

とうとう組みあがりましたよ。我が新車、我が新たな相棒が!
ということで今回は買ったばかりのKUOTA KRYON DISC 2017(以下KRYON)を
紹介していきます。


買った理由

次のロードバイクは105コンポ積んでる油圧式ディスクブレーキ車がいいなあと
探しているところベラチスポーツのアウトレットコーナーで40%offになっている
こいつを見つけました。

条件満たしている上になんとフルカーボン、しかしお値段は送料抜きで
19万ほどと今の私には少々お高い。

他候補に挙げていたGIANT CONTEND SL 1 DISCとどちらにしようか
悩んでいたわけですが、見た目のイケメンっぷり(主観)とフルカーボンという
魔性の響きに屈し購入を決定。

ちなみにKUOTAというメーカーについてはイタリアのメーカーだってこと以外は
ほとんど知らない。サーセンw


漕ぎだしが軽い

組みあがって初めて乗った時の第1印象はこれ。以前乗っていた
GT GRADE ALLOY CLARIS 2017(以下GRADE)とは明らかに違う
踏み込んだ時のレスポンス。以前より更に一段とググッと進む。
これもフルカーボンの力なのか!?と思わず驚きました。

ただ完成車の重さが実際どのくらいなのかはよくわかりません。
ちょっと調べても出てきませんでした。重さ測ってみたいです。


ブレーキの引きが軽い

ちょっと乗って止まろうとしたに思ったことがこれ。GRADEの
機械式ディスクブレーキだと全力とまではいかないまでも
結構強く握らないといけない印象でした。

しかし油圧式のKRYONだと軽く引いただけですぐ止まります。
むしろ今までの感覚でブレーキを引くと危ないとすら感じます。
しばらくは慎重にブレーキコントロールしないといけないですね。
しかしこれに慣れたら戻れる気がしない。

私のような手の小さい男や力の弱い女性にとっては特におすすめできます。

余談ですが、海外だと右ブレーキがリヤ、左ブレーキがフロントで日本とは
逆になっています。注文の際に日本仕様に変えてくれと頼みましたが、
そのまま海外仕様できましたwそのうち慣れるでしょうからそのまま使います。


お前クイックリリースかよぉ!?

この記事にも書いていますが、ブレーキの中でも比較的高級品な
油圧式ディスクブレーキを積んでいたとしても9mmクイックリリースだという。

GRADEもクイックリリースでしたが、これは機械式だしエントリーモデルだし
そんなものだろうと思ってましたが、油圧式でミドルグレードなKRYONも
クイックリリースだとは予想してませんでした。

最近は剛性面を考慮してスルーアクスルとディスクブレーキはセットだと
思ってましたが、そんなことないのだろうか。

個人的に一番残念な点でしたが、私みたいな素人にはクイックリリースでも
スルーアクスルでも違い分かんねーよと思い込みます。


サドル高が思ったより調整できない

KRYONは若干エアロっぽい形状で、シートポストも専用の形状のものが
使われています。そのせいなのか、私の気のせいであるだけなのかは
よくわかりませんが、あまり調整幅がない印象です。

私自身はもう少しサドルを下げたポジションでも乗り心地を試したいのですが、
そうできないのは若干つらいところではあります。


日本語読みだとクレヨンというポップでキュートな名前なのに、
以前乗ってたGRADEと比べると断然ガチですね、これは。
まだ2kmくらいしか乗れてないので、来週の休日には40kmほど乗りたいですね!


(おまけ)純正品から変えたパーツ

タイヤ:MICHELIN LITHION2 → Vittoria CORSA G+ (28C)
GRADEのおさがり。こちらのほうが性能よさそうだし
走行距離もそこまでではなかったため変更。クイックリリース:純正 → Pitlock
これもGRADEのおさがり。性能ではなく盗難防止目的で変えてます。
KRYON到着するまで使いまわせるとは思ってませんでした。嬉しいやら悲しいやら。ボトルケージ:ELITE Custom Race → Lifeline Professionalボトルケージ(カーボン)
これもGRADEのry)。こっちのほうが軽いからね。

ちなみに全部Wiggleで買いました。今はCORSA G+以外は売ってないのが残念。

ブログを書き始めて1か月たっての感想

適当に書いていきます。


書くことは意外と楽しい

私は本も読まなければ、仕事以外で何か書いたりすることもほとんど
なかったわけですが、やってみたら意外と楽しいことに気が付きます。

「どうすれば普通の人がメタルを聴いてくれるか考えてみた」なんかは
普段全く紹介する機会がない大好きなメタルネタをガンガンぶちこめるから
それはもう楽しいわけですよ。

これでウケる人がいればグッド、メタルを聴く人が増えれば最高なんですがねw


エネルギーは必要

しかしながら、モノやサービスの紹介記事を書こうとするとそこそこ
エネルギーが必要です。実体験を書くってのは需要があると思いますし、
便利なサービスを紹介したい気持ちはある。

しかし仕事帰りに文章構成考えたり、素材となる画像を集めたりっての結構大変。
ブログのこと考えずに寝てしまう日もあるw

まだブログ始めて1か月だし、元々あまり文章書く人間でもなかったから
慣れの問題もあるでしょう。


写真を撮る場所が欲しい

部屋が狭いついでに汚いので、どう写真を撮ろうか悩んでしまったり、
挙句の果てに諦めてネットから近いものを持ってくることが良くあります。

実体感みたいなのをわかせるためにも本当は自分のものを撮ったほうが
いいとは思っているんですがね。手軽にスペースを確保する方法、
もしくは役に立つグッズがあれば教えてほしいですね。


アルバムの感想が激ムズ

今のところ私が大好きなアルバムしか紹介してないわけですが、
これを他の人が自分も聴きたい!と思ってくれるような感想を
書くのって非常に難しい。

音楽のレビューサイト立ち上げている人尊敬しちゃいます。

元々人に手順とか説明するのは割と得意だと思ってますが、
感想伝えるのは苦手ですね。読書感想文とか超苦手でした。
故に新人の教育係より中途採用者の教育係のほうが向いてると
言われたことがあります。

しかし、私がオススメなアルバムを紹介したい気持ちは十分にあるので、
中身適当でも今後も書いていきますよ。


ネタにはそれほど困らない

Google検索やtwitter、5chなど情報を集める手段はたくさんある上に、
仕事中、食事中、風呂に入っている最中などなど、結構色々なタイミングで
こんな感じで思いついてしまうわけですよ。

閃き

じゃあもっと書けよとか言われそうですが、それは上に書いている
エネルギーの問題ですね。

まずは目の前の目標として3か月続ける、100記事書くという事を達成したい。

ふるさと納税はモンベルポイントバウチャーがおすすめ

モンベル

自転車乗りになったという事もありますが、今年初めにふるさと納税をして
モンベルポイントバウチャー15000円分をもらいました。
ふるさと納税でなぜこれを選んだか理由を書いていきます。


返礼率50%

簡単に言うと30000円分ふるさと納税したら、15000円分のポイントがもらえます。
50%の品ってそうそうないんですよね。

ただし注意点としては、色々な規制により50%の自治体が減ってきている、
既に50%ではない自治体がある、今後50%の自治体がなくなる可能性が
あるという事です。やるなら早めにやっておいたほうがいいかもしれません。

ふるさとチョイスだとまだ50%の自治体が残っているようです。


ジオラインシリーズ

アウトドアが趣味ではない人にもおすすめできるのがこのジオラインシリーズ、
中でも特にL.W.(ライトウエイト)がおすすめです。

ジオラインシリーズは生地の厚さによって
(薄い)COOLMESH < L.W. <  M.W. < EXP(厚い) という形で分かれてますが、
L.W.はオールシーズン着れます。

またジオラインシリーズが力を発揮するのは汗をかいたときで、普通のコットン製の
Tシャツなどと比べると全然べたつきません。暑くなるこれからの季節には
うってつけで、特によく運動をする人には一度着てもらいたいですね。

ちなみに私は平日出勤する時はインナー上下ジオラインです。
上はクールメッシュだったりL.W.だったりします。
ずっとジオライン着てたらユニク〇に戻れなくなりました。

欠点を言えば、普通の服よりも高いという事ですね。
インナーTシャツ1着で3000円近くしますが、他のアウトドアメーカーの類似品の
値段を見るとジオラインがコスパ良く見えてきますよ。不思議!


まとめて言えば、ふるさと納税でもらったポイントでジオラインシリーズを
着てみてほしいってことですね。普通に購入するとなると若干躊躇する値段ですが、
ふるさと納税でタダ同然で手に入れたポイント使うなら気軽に試せますね。


プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文