管理人が利用しているクレジットカード一覧(2018/10/1時点)

2018年5月時点で利用しているクレジットカード一覧をこちらの記事に書きましたが、あれからメインで利用しているカードの入れ替えも結構あったため改めて紹介することにしました。

相変わらず私はポイント還元率重視でクレジットカードを選ぶことが多いですが、5月以降は特定のゴールドカードのインビテーションを受けたいがために使っているカードもあります。

説明が重複している部分もありますがご容赦ください。


  利用中のクレジットカード一覧

カード一覧0926
この6枚が今私が主に利用しているカードになります。
左から順番に紹介していきます。


Kyashリアルカード
kyash

いきなりクレジットカードじゃないじゃんって話ではあるんですが、一番使いたいカードはこれなんです。クレジットカードを登録してオートチャージ設定すれば還元率が登録したクレジットカード分+2%になるからです。

1か月に12万まで、1日に5万までしか利用できない電気代などの毎月支払いには利用できない、3Dセキュアが必要なサイトでは利用できないと数々の制限はありますが、それでも+2%はかなり大きいです。

またモバイルSuicaに6000円以上チャージした場合にも2%還元されるため、利用できる範囲は実質かなり広いです。
2019/2/3から金額にかかわらずモバイルSuicaへのチャージは2%還元の対象外になりました。残念。

海外通販にも利用できますが、その場合決済時に手数料3%以上とられるため、これで海外通販するかは悩みどころです。(詳細はこちらの記事もご覧ください。)

あとは決済してからすぐにKyashのアプリ上に決済履歴が登録されるのが地味にいいです。


イオンカードセレクト
イオン

イオンゴールドカードが欲しいため今メインで利用しています。
これ単体だと還元率0.5%とあまり魅力ないですが、還元率はKyashと組み合わせることである程度カバーできます。

イオンと名の付くカードは色々種類があって紛らわしいのですが、このイオンカードセレクトはWAONとイオン銀行のキャッシュカードの機能も付いているので財布がかさばらない点は結構いいです。

基本的にはイオンをよく利用する人にとってメリットのあるカードです。
イオンでは毎月20日、30日のお客様感謝デーで会計時5%オフになりますが、それは相変わらずあまり活かせていないですね・・・。


P-one Wiz カード
p-one wiz
相変わらず我が軍のエースです。場所を選ばずほぼ還元率1.5%な上に年会費無料という優等生です。

正確には1回の会計ごとに1%割り引かれ、割り引かれた金額の0.5%がポイントとして付与されます。
(ただし0.5%はTポイントに変換した場合のみです)

弱点はまずポイントサイト経由で発行できないことです。昔は出来た気がするんですがね。

2番目にKyashに登録しても1%割引が適用されません。Kyashにチャージする時は別のカード使っておきましょう。

最後にデフォルトの支払い方法がリボ払いになっていることです。もし発行して届いたら一括払いに変更しましょう。利息を考えるとリボ払いは使うべきではないですよ。

今はイオンカードセレクトに修行させているため控えになってますが、修行が終わったら毎月支払いのものはこれに戻すと思います。


ファミマTカード

ファミマTカード

以前はYahoo! JAPANカードをTポイントカード代わりに使ってましたが、ファミマTカードをTポイントカード代わりにしたほうが、TポイントをためるのみではなくファミマでファミマTカード提示による割引を受けられるため持つことにしました。

還元率0.5%と控えめですが、ハガキや切手、クオカード等をファミマでこのカードを利用して買っても0.5%還元受けられます。

そういう使い方だとnanacoのほうがメリットが大きいのですが、突如として3のつく日に3%還元キャンペーンとかやってたりしますし、結構侮れないです。

P-one Wiz同様デフォルトの支払い方法がリボ払いになってますのでこれも届いたら一括払いに変更しましょう。


エポスカード
エポスカード

エポスゴールドカードが欲しいがために8月くらいまでメインで使ってました。

還元率0.5%と控えめですが、これを提示するだけで割引などの特典を受けられる場所が多数あるため、メインで使わずとも持っているだけで役に立つことがあります。

ちなみに私はよくポムの樹で会計時にエポスカードを掲示してオムライスを10%引きで食べてます(野郎なのに)w

また、マルイでは「マルコとマルオの7日間」というセール週間を年に数回行っており、エポスカードで支払いをすることで10%OFFになります。

店頭だけではなくオンラインストアでも同様なので、その期間だけでもマルイで何か買うだけでも特典が受けられるため結構おすすめのカードです。


OPクレジットカード
OPカード

小田急線PASMO定期のオートチャージでポイントをためるために使ってます。
小田急ポイントカードの役割もあるため、小田急系列の店で買い物や食事をしてもポイントためられます。

オートチャージのポイント還元率は0.5%と控えめですが、現金でチャージすると還元率0%なのでないよりあったほうがいいです。

また、小田急に限らず電車の定期買っている人はオートチャージ用のクレジットカード持ったほうがお得ですよ。

ポイントも大事ですが、金額が足りずに改札通れないという事が防げますし、いちいちチャージしに行かなくてもいいですからね。


紹介は以上です。参考にしてもらえると嬉しいです。
ここに紹介しているカードに限った話ではないですが、クレジットカードを発行する際はポイントサイトを経由したほうが絶対にお得です。

ポイントサイトに関することはこちらの記事に書いてますのでよろしければご覧ください。

アフィリエイトフレンズに登録した

他所のブログを見てたらなんでもアフィリエイトフレンズというサイトがあるらしいという事を知りました。

登録するメリットはこれから使ううちにはっきりしてくるのでしょうが、本来招待されないと提携できないクローズドASPと提携できるという事が個人的には気になって登録しました。

気になる方は↓のバナーからどんなサイトなのか見てみてください。
もう少し使ってみて気が付いたことがあれば感想追記しようと思います。




ちなみにこの記事は本人申し込みのためにとりあえず作ったので、誰よりも先に私自身がこのバナーを踏んでいるわけですがねw
私の場合ASP云々を気にする前にまずはちゃんと記事書かないとねw

楽天自動リボ払いキャンペーンで20%還元!

リボ払いって毎月の支払額同じだからいいじゃんって思っている頭がお花畑な方がごくまれにいるらしいですが、利息が15%以上かかりますし、金額によってはいつまでたっても返済が終わらない場合もあるので私は基本的にはお勧めしません。

ですが、リボ払いのキャンペーンの中には上手く活用すればかなりお得なものもありまして、今回はそれを紹介していきます。

まず、楽天カードを持っている方は楽天e-NAVIにログインしてキャンペーン・ポイントサービスと表示されているところから下記の画像のようなキャンペーンがないか探しましょう。
人によって該当のキャンペーンがあったりなかったりするらしいです。

自動リボ

執筆時点(2019/1/26)では自動リボ払いで35000円支払えば7000ポイント還元ですが、時期によっては支払額が異なります。20%還元という点は一緒のようです。

あとはキャンペーンにエントリーして自動リボ設定したら35000円の支払いを発生させればいいのですが、キャンペーンの条件をしっかり読んでほしいのです。
自動リボエントリー

特に気を付けてほしいのが③と⑤でしょうか。特定の期間まで自動リボを解除してはいけない(上記画像だと2019/4/1まで)という点とリボの月々の支払金額は30000円にしておきましょうという点です。

月々の支払額は30000円以下でも構わないのですが、余計な利息は払いたくないので設定できる最大値である30000円にしておきましょう。

また上記の金額では特に問題はないのですが、キャンペーン対象の支払額と買い物等で支払った額がちょうど30000円でリボの月々の支払額も30000円で1回で支払いきってしまった場合もキャンペーン対象外になってしまいますのでご注意ください。

楽天カードの口座引き落とし日は毎月27日となりますが、今回のキャンペーンの場合でいうと2/27と3/27にリボ払いを発生させないといけません。

その場合は月々のリボ支払額を29000円以下にするか、30001円以上の買い物をしましょう。30001円の買い物をする戦法は私が実際にやった事ありまして、問題なくポイントが還元されました。

多少リボの利息がかかってしまいますが、差し引いても20%弱はかなり破格と言えるので、楽天ポイントよく使う人は参加しておいて損はないキャンペーンですね。

ただこのキャンペーン問題もありまして、35000円買い物をした後にまた別のものを買った場合にリボの利息が更に追加されることになります。

下記ページのリボ残高おまとめ払いを使えば余計な利息を発生させずに済むと思いますが、その場合にキャンペーン対象になるのかは試したことがないので何とも言えません。
(たぶんキャンペーン対象外にはならないとは思うのですが・・・)

おまとめ払い

もっと楽な対策としては楽天カードを2枚作って、片方をリボキャンペーン専用にしてしまう事ですね。ただ2枚作るためには1枚目をノーマルのVISA楽天カードにしなければいけない点に注意です。
詳細は別記事に書いてますので、こちらもよろしければご覧ください。


  おまけ

Yahoo! JAPAN カードにも似たようなキャンペーンがあります。
yahoo自動リボ

こちらについてはあまり調べてはいないのですが、楽天に比べると小難しい条件がない印象でした。以前キャンペーンに参加したときは1000円分ANA JCBプリペイドにチャージして3000円分の期間固定ポイントをいただきましたw

倍率でいうと300%で楽天よりはるかにおいしいのですが、期間固定Tポイントの使い道は楽天の期間固定ポイントと比較するとだいぶ限定されてしまうのが難点ですね。
プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文