はやめという言葉では生温いロードバイク漫画 はやめブラストギア

ロードバイクの漫画といったら今だと弱虫ペダルを思い浮かべる人が多いと思いますが、そんな中私はtwitterのタイムラインでたまに流れてくる「はやめブラストギア」がずっと気になってたんです。

それでGoogle Playのクーポンで漫画が安く買えたので試しに1巻を買って読んでみたんですけど、そしたら・・・

『おれは「はやめブラストギア」の1巻を読み終わったと思ったらいつのまにか5巻まで買っていた』
ポルナレフ

という状態になっていましたw


  どんな漫画?

世紀末デストライド系ロードバイクバトル漫画です(真顔)。なんだそれはと思った方は極めて正常です。

まずこの漫画と切っても切り離せない用語であるデストライドについて説明しますと、お互いの自転車のパーツを賭けて争われるなんでもアリのサイクルロードレースです。

先にゴールしても勝ちですし、相手を攻撃してリタイアさせても勝ちです。物理的に攻撃、メンタルを攻撃、なんでもアリです。

主人公である円城寺はやめはひょんなことからデストライドに巻き込まれてしまうのですが、ある日対戦相手のロードバイクについている「オーメストグランデ」というブランドのパーツが行方不明になった父の手掛かりであることを知ります。

そこからオーメストグランデのパーツやその手掛かりを持っている各地の王(キング)とデストライドをして友情を育んでいく・・・そんなお話です。

ロードレースものであると同時に友情もの、バトルもの、冒険ものでもあります。

そして最高にバカ(褒め言葉)な漫画です。※ここ超重要


  多彩なキャラクター

まず1巻の表紙にも書いている主人公の円城寺はやめ。パッと見ロードバイク好きの普通の女の子です。ここだけ見てもそうなんだくらいにしか思わないでしょう。
1巻表紙

しかし、ちょっとページをめくったらこれであるw
はやめ世紀末ヒャッハー

ちなみに私はtwitterのタイムラインで世紀末ヒャッハーな連中のコマを見てしまい、それ以来この漫画が気になって買ってしまったわけです。北斗の拳が大好きなもので。

世紀末ヒャッハーな連中以外にも忍者、クトゥルフ教祖と信者、闇の組織とか色々出てきます。

それと各地の王も肩書を持ってます。まず主人公は白虎王。他には死神王、餓狼王、夜叉王、邪神王などなど。

ここだけ見ると一体何の漫画だとなりますねw


  必殺技の数々

王は肩書だけではなく大体必殺技も持ってます。いくつか例を挙げると
デス・バレット
デッドリー・アックス
ツインテール・ウィップ
バハムート・サイクロン


繰り返しますがロードバイク漫画です。殺る気満々ですねw


  リアルな理論からのやりすぎな漫画的描写

作者の竹山祐右先生はロードバイクを乗っているためか、漫画に出てくるメーカー名、地名、理論はリアルそのものです。(ビアンキ、風張峠、ダンシングなど)

ですから普段からロードバイクに乗っている私も納得しながら見ることが出来るのですが、そんなところで終わるはずがないのがこの漫画です。

例えばこのクラウチングフォーム。下記のコマに描いている通り空気抵抗を減らすためのフォームです。私もフルームがレースでやっているのを見て初めて知りました。
クラウチングスタイル

ところがこの漫画のクラウチングフォームはガードレールも走れますw
クラウチングスタイル2

こんな感じで言っていることは確かに合っているけれど、そこまではないだろwみたいなことが出てきます。だがそれがいい。


久々に漫画を買いましたが、この「はやめブラストギア」はなかなかの当たりでした。ロードバイクに関するリアリティを追求するよりかは漫画として面白ければなんでもいいと思っている人向きです。(ちなみに私は後者)

またロードバイクに乗っていなくてもなかなか楽しめると思うので是非とも色んな人に読んでもらいたいですね。それでロードバイクに興味を持って買って乗り始めたら、この漫画をもっと楽しめるようになりますよ。

ちなみに私はこの漫画がきっかけで近々近くの峠を攻めることにしました。ただ今までヒルクライムをしたことがないので「峠(ヒル)での無知は罪(クライム)と知れ」って言われそうですねw

デストライドを仕掛けられないよう気を付けて上りますw

ASSOSの冬用長袖インナー LS SKINFOIL WINTER EVO7

12月下旬にもなるとインナーがASSOS SS.skinFoil summer EVO7だけでは厳しくなってきたので冬用のインナー買いました。

買ったのはASSOSのLS SKINFOIL WINTER EVO7という製品です。

  外観

正面です。
IMAG0575

正面の脇あたりを拡大。模様?というか締め付けのパターンですかね。場所によって違っていて結構複雑です。
IMAG0576

腕も同様にパターンが異なってます。
IMAG0577

冬用ではあるのですが、それほど厚さはないです。
IMAG0579

首周りにはMADE IN ITALYの文字。購入したのは最小の0というサイズです。XS/Sサイズに相当するようです。
IMAG0580

背面です。
IMAG0578


  感想

フィット感については、新品の時のSS SKINFOIL SUMMER EVO7よりもタイトに感じました。長袖だから腕も締めつけられるというだけではなく、おなか周りの締め付けも少々きつい気がしました。

しかしながらSKINFOIL SUMMER同様、ストレッチが効きますので着にくいという事はありません。そして生地の肌触りも上々です。

防寒性については特別暖かいというわけでもなくこんなもんかな?という印象です。

(2018/12/26 追記)
シマノのS-PHYRE ウィンドレジスタントジャージと組み合わせて走ってきました。

気温2℃くらいの朝だと割とちょうどよい感じでした。日中は気温12℃くらいまで上がりましたが、さすがにその時間帯は暑かったです。

帰宅後に脱いだインナーを触るとだいぶ汗を吸っていることがわかるのですが、自転車で走っているときは汗による不快感はありませんでした。

ASSOSのMille GT Ultraz Winter Jacketと組み合わせたら氷点下でもいけそうですね。このインナーの下に変態インナーを着れば更に・・・。

これで上半身の冬対策はバッチリといっても差し支えないでしょう。


ちなみにこの商品、国内で買うと税抜き16000円と非常に高いので関税がかかるとしても海外通販で買う事をおすすめします。

ただ、この商品を2018年12月中旬ごろ海外通販した際に注文したショップから、「ASSOSに在庫がなく、今季はもう製造しないんだと。ごめん」と言われてしまい、店頭在庫がありそうな別のショップで改めて注文しました。

過去に一度お世話になったショップからの返事でしたので、この情報にほぼ間違いないのかなと思います。注文する際はお気を付けください。

海外通販については入門用の別記事を書いてますので、そちらも見ていただけると嬉しいです。


高性能変態インナー OUTWET LP2 CARBON

LP2

今回は知る人ぞ知るOUTWETのインナーを紹介。

OUTWETのインナーのラインナップは結構な種類があるのですが、私が買ったのはLP2 CARBONという半袖タイプのものです。

夏用という事であればノースリーブタイプもあります。

その特徴はなんといっても網目状の変態的な見た目!
LP2襟拡大

も確かにありますが、なんといっても吸汗性です。
まだこれを着てロングライドはできてないですが、最高気温30℃近い暑い日にこれを着て出かけた際に汗のべたつきは皆無でした。

網目状なので通気性もかなりいいのですが、見た目の割には暖かいです。
ASSOSのSS SKINFOIL SUMMER EVO7と比べても若干暖かい気がしますが、誤差レベルの気もします。

冬に長袖インナーの下に着るのはかなり良さそうです。

そして衝撃の1サイズ展開です。サイズ選ばせてくれません。そのかわり生地がメチャクチャ伸びます。

裾をつかんで
LP2掴み

グイっとな!これなら大抵の人は着れるかどうか心配する必要ないですね。
ちなみに伸ばさないと結構小さめです。
LP2引っ張り


余談ですがGW初めに交通事故に遭った際にPower Windstopper Softshell Zip-Off Jerseyの下にこれを着てました。救急車で運ばれる際にジャージを脱ぐよう指示されましたが、確実に変態と思われてますねw
こんな目で見られていたかもしれないw

養豚場の豚を見る目



プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文