85km走ってみて思ったことの1つが、長距離になるとボトル1本のドリンクでは
足りないという事です。ロードバイクは大抵ボトルケージを取り付けるところが
2つあり、私のKRYONも例にもれず同様です。

しかし、1つは盗難防止用のAltor 560Gを取り付けるためのアタッチメントで
埋まっているため、実質利用できるボトルケージは1つしかありませんでした。

そこでAmazonでこれを買いました!


名前が省略されすぎですが、正式名称はELITE VIP bottlecage clipsというそうです。
他にもボトルケージを追加するための製品はあるようですが、いかにも不安定そうな
マジックテープで止めるタイプを除いていったらこれに行きつきました。

取り付け方についてですが、取り付ける過程を写真に収めるのを
忘れてしまったため、代わりに付属のマニュアルを貼っていきます。

まずは表面。
VIP取説表

裏面。付属のタイラップのようなものを穴に差し込みマイナスドライバーを
使って締め上げ、最後に余った部分をカットといった具合です。
VIP取説裏

それでこれを使ってAltor 560G取付用のアタッチメントをダウンチューブ下に
取り付けた写真がこちら。
第3のボトルケージ

これで問題なく走行できますが、結構ギリギリのところで他と干渉していない
という感じです。左側ペダル付近はGarminのケイデンスセンサー
(クランクについてる黒い突起物)とかなり近いです。
ペダル左

右側のほうは小さいほうのギアと近いです。
ペダル右

タイラップのようなものが結構長いので、取付自体はダウンチューブがぶっとい
エアロロードでも問題なくいけるでしょうが、エアロロードに取り付けるのは
空力的観点で少々もったいない気がしないでもない・・・。

ただ普通のボトルケージを取り付けるにせよ、他の部分と干渉しないかは
注意が必要ですね。私みたいに小さいサイズのフレームを使っている場合は特に。

このボトルケージクリップを使えば、単純にボトルを追加する以外にもツールケースを
収納するスペースにもできたり、私のように盗難防止用のロックを取り付ける
事が出来たりと色々可能性が広がるので、ロングライド派には
かなりありがたいグッズになり得ますね!