自転車のスタンドっていくつか種類があるんですが、カーボンフレームのロードバイクにはフレームに挟み込んで取つけるようなタイプのスタンドは使えないんですよ。

それでもカーボンロードでたまに買い物行きたくなる時ありますよね?
買い物する先で都合よくロードバイクを立てかける場所があればいいのですが、ないことも間違いなくありますし、そんな場合にはスタンド欲しくなりますよね。

そんなあなたの願望をかなえてくれるのが、このUpstanding Bicycle CompanyのTHE COMMUTER UPSTANDです。
commuter
このスタンドには折りたためるタイプと折りたためないタイプがあり、私は折りたためないほうを買いました。

使い方はスタンドの付属品に下記のようなタブと呼ばれる付属品が入ってますので、タイヤと一緒にタブを挟んでクイックリリースを通すだけです。
12mmタブ
ちなみに付属しているのは画像左下の9mm(クイックリリース用)穴タブで、その他のサイズは別売りになります。
画像右のタブは12mm穴タブでこれを使えばスルーアクスルでも取り付けられます

スタンドだけ外すとこんな感じになります。タブとスタンドは磁石でくっつくように
なっているのでつけ外しは簡単です。タブが錆びてるのは気にしないで・・・。
commuter外し

外したスタンドは専用のホルダーに固定しておくことが出来ます。
ホルダーはボトルケージ取付用の穴があればケージと一緒に取り付けられます。

このホルダーは折りたためないタイプのスタンドには標準で付属してますが、折りたためるタイプには付属していないらしい。
commuter収納

このスタンド結構普段から使ってますが、結構便利です。それにカーボン製らしいので軽いです。

ただもう少し安定感が欲しい。コンビニに立ち寄るために使うくらいならいいですが、駐輪場でずっと使う分には少々頼りないでしょう。

ちょっとスタンド自体が長い気がするのでもう少し短くできれば良さそうですね。
またゴム足が頼りないので、もっと良い代わりのものがあれば安定感増しそうです。


カーボンロードに使えるスタンドは現状数少ないので、このスタンドは結構使える製品であることは間違いないですね。

同時に競合となるカーボンフレームでもスルーアクスルでも使えるスタンドが出てきてほしいところ。