(2019/9/17 追記)
2019/10/1からはKyashの還元率が1%に減少してしまうため、残念ながらKyashで海外通販しない方がよいという結論になりそうです。以下の内容は今後あまり役に立たない内容になりますが、一応残しておきます。

2%もキャッシュバック
というおトクなキャンペーンをしているKyashですが、海外通販をKyashで決済してしまうと手数料3%とられます。
kyash 3

ちなみに普通のクレジットカードで支払った場合は大体1.6%くらいですが、カードの種類やVisaやMasterなどのブランドによっても微妙に違うので要注意です。

ここで問題になってくるのが、還元率の高いカードでそのまま払ったほうがいいのか、クレジットカードチャージ設定しているKyashどちらで払ったほうがいいのかというところですね。

■P-one Wiz(Visa)で支払った場合
 1.5(カードの還元率) - 1.63(海外手数料) = -0.13%

 こちらはこの計算方法で間違いないでしょう。

■1.2%還元のクレジットカードでチャージ設定されたKyashの場合
 1.2(カードの還元率) + 2(Kyash還元率)- 3(海外手数料) = 0.2%
 
このように計算されれば結局Kyashで払うほうが得だという事になりますが、本当にこうなるかはわかりません。

 ※ちなみにP-one WizでKyashにチャージした場合、1.5%還元されるかは
   現状定かではありません。6月分の決済はいけたとか。


(2018/10/24 追記)
bandcampでkyash決済してみました。

買ったアルバムの金額:2.9$
会計時に表示された日本円の金額:326円
※この時のドル/円のレートは112.17くらい

実際に請求された日本円の金額:336円
請求額のドル/円のレートは 336/2.9=115.86

会計時の表示額に対して請求額がどのくらい高いかというと
115.86/112.17*100 = 103.23 つまり3.23%くらい高くなってます。

(2018/10/27 追記)
今度は別のサイトでkyash決済してみました。

買った商品の金額:249.12
当時のユーロ/円のレートは127.87
日本円に換算すると249.12×127.87=31855円


実際に請求された日本円の金額:32956円
請求額のユーロ/円のレートは 32956/127.87=132.29

会計時の表示額に対して請求額がどのくらい高いかというと
132.29/127.87*100 = 103.46 今度は 3.46%くらい高くなってます。

結局海外通販でKyash支払いする意味はあるのか?というとちょっとだけ意味あるようにも見えるし、ほとんどないようにも見えます。

少なくともキャッシュバックの上限12万円を超えそうだという場合はKyashで支払わないほうが賢明ですね。