2018年はMOTHERLODEの自転車用の財布mobacのキーケース
Mary Lambのマネーバンドを買いましたが、財布に対する探究は
まだ終わってなかったのです。

それで次に手を出したのはThe Micro Wallet。クラウドファンディングの
サイトINDIEGOGOのメルマガで発見してそのまま購入に至りました。

本当は2つあれば十分ではあったのですが、4つ買うのがお買い得そうに
見えたので無駄に4つ買いましたw ちなみに4つで49$でした。
Micro Wallet

タイトルにもある通り素材は紙なわけですが、もちろんただの紙ではなく
・耐水
・高耐久
・高強度
・軽量
・エコ
という5つの特徴を備えたTYVEKという特殊な紙のようです。


  外観

封を切ったところです。使い方とか解説が書いてます。
Micro Wallet 内容物

指でつまんだ状態の厚さを測ると3mmくらいです。
質感は本当に何の変哲もない紙そのものです。
Micro Wallet 厚さ
INDIEGOGOのページだと0.3mmと書いてますが、さすがに誇張しすぎでは?
と思いました。同じようにノギスでつぶすように測ればいけるのかな?
何にせよ薄いことには変わりないです。


重さはたったの9g。めちゃくちゃ軽いです。
Micro Wallet 重さ

お札やカードはこんな感じで入れることが出来ます。
Micro Wallet 収納
INDIEGOGOのページだとカードは8枚まで入るようですが、そこまでやると
かなり窮屈になります。カードの厚さにもよりますが4~6枚程度で収めると
出し入れするにも丁度よい印象です。


横から見たところです。
Micro Wallet 横ポケット
写真だとわかりにくいですが、右側にプラスチックようなカードが入っています。
おそらくRFIDシールドというものでスキミング防止できるようです。

逆に言うとSuica等の電子マネーは折りたたんだまま使えないという事ですので
ご注意ください。


5千円札1枚、千円札4枚、カード4枚入れた状態で8mmくらいです。
カードやお札を入れすぎると自然に2つ折り状態にならなくなりますが、
使っているうちにある程度なじんできてそのうち2つ折りにしやすくなります。
Micro Wallet 厚さ2


  感想

かなり気に入りました。財布の省スペース化と使いやすさはある程度
トレードオフの関係にあると思うのですが、これは省スペース寄りで
高いレベルで両立できています。

カードやお札しか使わない、小銭入れを別に持っていて省スペース化したい
という人にとってはかなり良い選択肢ではないでしょうか。

ただ、素材はあくまでも紙なので少々安っぽいことは否めません。
財布にブランドや高級感といったものを求めている人には不向きです。
そんな事より機能重視という方は是非。

私はこのMicro Walletを手に入れたことで自転車乗るときのスタイルが
こんな感じに変わりました。
Micro Wallet zip
ZiplocにスマホとMicro Wallet 2つ入れてます。
スマホの指紋認証と操作がこのままできるので便利です。欠点は見た目ですw


スマホ使わない時はこんな感じで折りたたんでバックポケットにしまってます。
小銭入れについてはmobacのキーケースでカバーしてます。
Micro Wallet 折り畳み


ちなみに自転車に乗らない時はZiplocを使わないだけで基本そのままです。
自転車に乗るときと乗らない時で財布を使い分ける必要がなくなって
面倒を1つなくすことができました。

とりあえずはこれで財布探しについては一段落です。
もっと画期的な物が出てくるまでは、しばらくはこれでいきます。