私は2018年9月に会社を退職して10月からフリーランスになりました。

それで2018年分は確定申告しなければいけないと分かった時から、
経費を有効活用するためにレシートや領収書をちまちま保管してたわけですが、
逆に言うとそのくらいしかわかっていなかったわけです。

何せ今までずっと会社員やってきていて一度も確定申告したことないわけですから。

そんなある日、twitterのタイムラインを見ていたらこの本が目に入ってきたわけです。
IMAG0472

本のタイトルは「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃい
ましたが税金で損しない方法を教えてください!」です。

普段ほとんど本を読まない私ですが、図書カードが余ってたのを
思い出して速攻で本屋で買いに行きました。

著者は税理士の大河内薫さんと漫画家の若林杏樹さんです。
正直なところ私はこのお二方の事はあまり良くわかってないのですが、
twitterをしているようですので、そのうちタイムラインを追ってみようと思います。


  この本全体の感想

普段本を読まない私でもかなりサクっと読めます。この本が発売したのは
11/8ですが、11/10時点で2周しました。

表紙のようなゆる~いタッチの漫画で税金や確定申告の事を
説明してくれるのがいいですね。

税金というと結構難しいイメージがあって、自分で調べるのはかなりおっくう
だったりしますが、このゆるい感じがそのハードルを低くしてくれます。

それにそこまで小難しい事は書いておらず、素人や初心者向けに
要点を絞られているので理解しながら読み進めることができました。

またタイトルには大きくフリーランスと書いてはいますが、副業やトレード
やってるけど確定申告どうやっていいかわかんないやという人も
読んでみるべきですね。大して儲かっていなかったとしても節税できる
可能性は十分にあります。


  個人的に役に立ったこと

色々ありますが、これは特にと思った事を書いていきます。
詳細が知りたければ下のリンクから本買ってね。(露骨な宣伝)
・開業届提出と青色申告はしたほうがいい。
・複式簿記は会計ソフトで解決できる。有料の会計ソフトでも十分元は取れる。
・勘定科目(交際費、通信費など)をより理解できた。
・小規模企業決済という節税手段がある。


辞めた会社で半ば強制的に本を支給されて何冊かは読んではいましたが、
今のところこの本が今年最も役に立ちましたね。

やはり自分で読む本は自分で選ばないとね。

あとフリーランス向けの記事や今後フリーランスになりたい人向けの記事を
充実させていくのもアリなんじゃないかと思いました。
今のところ何も思いついていないですがねw