別記事に書いているこの本を読んで、今年分の確定申告はアプリ使って
複式簿記書いて65万控除の青色申告でいこうと思いました。

それで開業届と青色申告の申請用紙はどう書いたらいいんだ?と思って
調べていったら、開業Freeeなるものがあるではないですか。
という事で使ってみました。



これ超楽です。
ポチポチ選択して住所など入力して・・・あっ終わったみたいな。


  やり方

ぶっちゃけ見れば何となくわかるのですが、どれだけ簡単なのかを
アピールするためにも書いておきます。


Freeeに関するアカウント持っていないのであれば、
まずページトップの無料で始めるを押します。
開業Freee スタート


準備の段階です。自分に当てはまるものを選択していきます。
入力が完了した項目は左側にチェックマークが入ります。
開業Freee 準備

作成の段階です。ここも必要事項を選択、入力していきます。
開業Freee 作成1

開業Freee 作成2
収入欄に応じて白色もしくは青色申告した際の納税額が変わります。
青色で65万円控除したほうがいいってはっきりわかんだね。


書類の提出先を選んで、赤枠で囲んである「書類を確認する」から
PDF出力して印刷します。印刷した用紙にマイナンバー記入と
ハンコ押すのを忘れないようにしましょう。
開業Freee 提出
あとは税務署に持っていくか郵送して完了です。

ねっ、簡単でしょ?
簡単でしょ


ちなみに私は申請書を税務署に持っていきました。郵送しても良かったのですが、
自転車で余裕の範囲内でしたし、持って行ったほうがケジメがつくかなと思って
あえてそうしました。

それで実際持っていったわけですが提出して・・・はい終わり。
えっ!?それだけ?と拍子抜けしました。税務署の滞在時間2分ほどw

開業って簡単ですね!(手続き上は)