自転車乗ってると特に学生がママチャリやクロスバイクを立ちこぎしてるの
たまに見かけるんですけど、あれちょっともったいないと思ってるんですよね。

ロードバイク界ではもはや常識とも言えるダンシングを使えばもっと効率的に
出力あげられるのにな・・・と思って今回記事を書くことにしました。


  ダンシングって?

まずサイクルスポーツさんのリンク張っておきます。ダンシングにも2種類
あるようですが、特に覚えてほしいのはアネロビックと書いているほうです。
(2種類あることを知らなかったのは内緒)

専門紙なので色々細かく書いてますが、まずはページの前半だけでも
見てもらえればいいと思います。

それでこのアネロビックというのは右足で踏み込むときに、車体を少し
左に傾ける、左足で踏み込むときは車体を少し右に傾ける
、以下繰り返し
という方法です。

こうすることでペダルを踏むときに腕の力も加えられるわけですね。
結果出力を上げられるという事です。

この時に注意するべきことはハンドルを左右に曲げず
まっすぐにすることを意識しましょう。
せっかく出力上げても蛇行がひどいとロスになっちゃいますからね。

私はロードバイクでしかやったことないですけど、ママチャリや
クロスバイクでもできる・・・はず。

とりあえずやり方覚えたら坂を上る時にでも使ってみてください。
今までよりも力が入ってより上りやすくなるはずですよ。


実際のところはダンシング覚えるよりも先にサドル高くしたほうが
効率的だと思ってますがねw