ロードバイクでより早く走るならビンディングシューズやペダルはSPD-SLを筆頭とした3点止めのものやSPEED PLAYのものがベターだと思います。

しかし、S-WORKS VENGEに試乗してSPD-SLのビンディングシューズを履いた時に、これではロードバイクで走る以外の事はほとんどできないなと思ったわけです。

私はロードバイクから降りた後に徒歩で散策することも結構多いので、SPD-SLにはせずSPDのものを利用していますが、それでもより速く走りたいと思う欲求はあるわけです。

そこでカーボンソールのSPDシューズなら、ロードバイクでのライドと歩きやすさをいい具合に両立できるのではないかと思い、今回紹介するS-WORKS Recon Shoesを買いました。
IMAG0544


  外観

右サイドです。この靴はダイヤル2つとマジックテープで締め付け具合を調整します。個人的にS-WORKSロゴ結構好きです。ちなみに右靴で写真撮ってます。
IMAG0546

逆サイドです。
IMAG0547

靴底です。カーボン製なのでカッチカチです。ロードバイク用の靴に比べると設置するラバーの面積は多いですが、普段履きのスニーカーと比べるとやはり少ないです。
IMAG0545

つま先側についているスパイクのようなものは外せます。スタッドと呼ぶみたいです。
IMAG0554

上からです。よく見ると細かい穴が無数に空いてます。
IMAG0551

インソールはこんな感じになってます。
IMAG0548

インソール裏側
IMAG0549

インソール取った後の靴の内側はこんな感じです。
IMAG0550

重さはEUサイズ37で243gです。クリートなしの状態です。公称値だとEUサイズ42で301gだそうです。
IMAG0553


  感想

以前から愛用しているシマノのSH-MT500と比較しながら書いていきます。


より踏めるようになる


まず上り坂が楽になりました。カーボン製の硬い靴底のおかげでしょう。シマノSH-MT500よりもよりダイレクトにペダルに力を加えられる感覚があります。

その代わり、ペダルに力を加えた反作用が足の裏にくる感覚があります。長距離乗っているとじわじわ足裏へのダメージとして影響が出そうな予感がしますが、まだ長距離走れていないので慣れの問題もあるかもしれません。

SPD-SLは面で、SPDは点で踏む感覚なんて一部で言われていたのを見たことがありますが、この靴でペダルを踏んだ時の反作用が1円玉くらいの面積でくる感覚なので、もしかしたらこういう事なのかなと思いました。

同じSPD用シューズでもSH-MT500だとそういう感覚はなかったです。


調整が楽

初めてBOAダイヤルで調整する靴を履きましたが、締め付け具合の調整が楽で、微調整が可能でかなり好感触です。

この靴を初めて履いた時は調子に乗って締めつけすぎて痛いwなんてバカな事をしてましたが、そんな時でもダイヤルをカチカチと回せばすぐに調整できます。

マジックテープだと一度はがさなければいけないですし、靴ひもの場合でも一度ほどかないといけない場合もあるでしょうが、ダイヤルだとそんな心配は不要です。今は自転車用の靴はダイヤルしかないと思っているくらいです。


寒い

執筆時点では12月でシューズカバー未入手の状態で履いてますが、朝晩はシャレにならないくらい寒いです。冬にロードバイク乗っている時、間違いなくつま先が一番冷えてます。

素直にシューズカバー使いましょう。MTB用のシューズでも使えるというシューズカバーは少ないですが、探せばあるようです。このパールイズミのものはMTBと明記されてますね。

裏を返せば夏の通気性に関してはかなり期待できそうです。


長距離歩くのは厳しいが、街中散策は頑張ればいける

SPD-SL用の靴よりはマシだと思うのですが、それでもスニーカーのように自由には歩けません。走るのはまず無理です。

下記の画像のようにスタッドが接地したあたりから、かかとを上げてつま先を接地させようとするときにかなり違和感があります。
IMAG0568

これはカーボンソールの硬さよりはラバーの少なさの影響が大きいと思います。しかもスタッドのガワはプラスチックで滑り止め効果ゼロです。ラバー製で高さがもう少し低かったらもっと歩きやすくなったのではないかと思います。

ただ元々MTB用に作られているのでそんなこと言われてもって感じですよねw
ちなみにスタッド外すと更に歩き辛くなりました。

それでも飲食店や喫茶店を徒歩ではしごする分にはそこまで問題にはならなかったです。

今後ロードバイクに乗るときの靴はこのS-WORKS Reconがメインになるとは思いますが、しばらくはSH-MT500のほうも残しておきます。ロードバイクで走った先でどのくらい徒歩が必要なのかで使い分けが必要になりそうです。

(2018/12/21 追記)
この靴にもだいぶ慣れてきましたが、思ったよりも歩けるので最近はSH-MT500と使い分ける必要性が薄らいでいると感じます。

またクリートの位置を修正したためもあるのか、足裏に来る痛みもだいぶ和らぎました。

カーボンソールのSPDシューズはロードバイクのライドと徒歩のしやすさを両立するなかなか良い妥協点という気がしてきました。

ただ冬の寒さはどうにもなりません。シューズカバーを使う、冬用の靴下をはく、冬用のビンディングシューズを別途買うなどして対策しましょう。


ちなみにこのS-WORKS Recon、お値段4万円弱と結構お高いです。しかし海外通販で買おうとしても全然安くならないどころかむしろ高くなる印象ですので、素直に国内で買いましょう。

残念ながら試し履きできる程在庫もないようで、スペシャライズドストア店頭でも1サイズしか置いてませんでした。ロード用のS-WORKS 7 ROAD SHOESがほぼ同じ履き心地だと店員の方が言ってましたので、サイズ感確かめたいならそちらを試してみましょう。

最後に、これを買うまでの副産物として足が小さい人のためのビンディングシューズメーカーはどこ?という記事を作ったので、足の小さい方はそちらも見ていただけると嬉しいです。