リボ払いって毎月の支払額同じだからいいじゃんって思っている頭がお花畑な方がごくまれにいるらしいですが、利息が15%以上かかりますし、金額によってはいつまでたっても返済が終わらない場合もあるので私は基本的にはお勧めしません。

ですが、リボ払いのキャンペーンの中には上手く活用すればかなりお得なものもありまして、今回はそれを紹介していきます。

まず、楽天カードを持っている方は楽天e-NAVIにログインしてキャンペーン・ポイントサービスと表示されているところから下記の画像のようなキャンペーンがないか探しましょう。
人によって該当のキャンペーンがあったりなかったりするらしいです。

自動リボ

執筆時点(2019/1/26)では自動リボ払いで35000円支払えば7000ポイント還元ですが、時期によっては支払額が異なります。20%還元という点は一緒のようです。

あとはキャンペーンにエントリーして自動リボ設定したら35000円の支払いを発生させればいいのですが、キャンペーンの条件をしっかり読んでほしいのです。
自動リボエントリー

特に気を付けてほしいのが③と⑤でしょうか。特定の期間まで自動リボを解除してはいけない(上記画像だと2019/4/1まで)という点とリボの月々の支払金額は30000円にしておきましょうという点です。

月々の支払額は30000円以下でも構わないのですが、余計な利息は払いたくないので設定できる最大値である30000円にしておきましょう。

また上記の金額では特に問題はないのですが、キャンペーン対象の支払額と買い物等で支払った額がちょうど30000円でリボの月々の支払額も30000円で1回で支払いきってしまった場合もキャンペーン対象外になってしまいますのでご注意ください。

楽天カードの口座引き落とし日は毎月27日となりますが、今回のキャンペーンの場合でいうと2/27と3/27にリボ払いを発生させないといけません。

その場合は月々のリボ支払額を29000円以下にするか、30001円以上の買い物をしましょう。30001円の買い物をする戦法は私が実際にやった事ありまして、問題なくポイントが還元されました。

多少リボの利息がかかってしまいますが、差し引いても20%弱はかなり破格と言えるので、楽天ポイントよく使う人は参加しておいて損はないキャンペーンですね。

ただこのキャンペーン問題もありまして、35000円買い物をした後にまた別のものを買った場合にリボの利息が更に追加されることになります。

下記ページのリボ残高おまとめ払いを使えば余計な利息を発生させずに済むと思いますが、その場合にキャンペーン対象になるのかは試したことがないので何とも言えません。
(たぶんキャンペーン対象外にはならないとは思うのですが・・・)

おまとめ払い

もっと楽な対策としては楽天カードを2枚作って、片方をリボキャンペーン専用にしてしまう事ですね。ただ2枚作るためには1枚目をノーマルのVISA楽天カードにしなければいけない点に注意です。
詳細は別記事に書いてますので、こちらもよろしければご覧ください。


  おまけ

Yahoo! JAPAN カードにも似たようなキャンペーンがあります。
yahoo自動リボ

こちらについてはあまり調べてはいないのですが、楽天に比べると小難しい条件がない印象でした。以前キャンペーンに参加したときは1000円分ANA JCBプリペイドにチャージして3000円分の期間固定ポイントをいただきましたw

倍率でいうと300%で楽天よりはるかにおいしいのですが、期間固定Tポイントの使い道は楽天の期間固定ポイントと比較するとだいぶ限定されてしまうのが難点ですね。