cover

メタルの中で一番好きなサブジャンルは?と聞かれたら迷わずデスラッシュと答える私ですが、デスラッシュってここ数年どころか十数年これ名作じゃんって自信を持って言える作品が全然ない気がするんですよ。

そんな不毛の地・焦土と化しているデスラッシュ業界に、この界隈では有名なCarnal Forgeが今年2019年に「Gun to Mouth Salvation」というアルバムを引っ提げてカムバックしてきました。


  このアルバムの音楽性について

少々話はそれますが、Carnal Forgeの中で一番有名で名作と言われているのは3rdアルバムの「Please... Die!」になるのではないでしょうか。
ですが、正直なところ私はこのアルバムがあまり好きではありません。
確かにデスラッシュたる疾走感やザクザク感はあるのですが、一本調子ですぐに飽きてしまいました。
※あくまで個人の感想です。好きな人はゴメンナサイね。

それで今作の「Gun to Mouth Salvation」は彼らの7thアルバムになりまして、「Please... Die!」から18年も後の作品になるんですね。その間何が変わったのかと言えばフックや緩急のつけ方が抜群に巧くなりました。
(ちなみにメンバーも変わりまくりました。Wikiより)

スラッシュやデスラッシュのアルバムって大体1曲目にキラーチューンとなる疾走曲を持ってくるのが王道だと思いますが、このアルバムはミドルテンポの曲からスタートです。この構成は単純に速さだけで勝負しているわけではないという自信の表れでしょうか。

基本的に速いの大好きな疾走厨、爆走厨な私ですが、このアルバムはミドルテンポでも気持ちよく頭を振れるパートがあるなと全体を聴いていて思います。若さ故の爆走が減ったのは少々残念ですが、それを十分すぎる程に補うほどのノリがあります。「Please... Die!」よりもはるかに本作のほうが好きです。

ただいずれの疾走曲も必ず減速するパートがあるので、1、2曲くらいは終始勢い任せで爆走しまくる曲があってもよかったですね。


総括としてはデスラッシュの名作でしょう。デスラッシュ好きならとりあえず聞いてほしいです。Bandcampで全曲試聴出来ますのでよろしければどうぞ。ただし、メタル初心者は聴いてはいけないw

ところでデスラッシュって速い・重い・ザクザクっていう吉野家3拍子的にわかりやすくメタラーに響く要素があるのに何でこんなにもはやらないんですかね。今時のメタルにはそういう要素は求められていないのだろうか?と考えると少し残念な気持ちになります。