2018年08月

V-WHITEは歯磨きに革命を起こせるか!?

vw

4か月ほど前にクラウドファンディングのサイトINDIEGOGOで
V-WHITEという手放しで、それも短時間で歯を磨けてしまうらしいという
製品を見つけてしまい、ついつい購入してしまったのです。

サラリーマンの朝は忙しいからね。

それでタイトルの通り革命を起こしてくれるのか!?という点については
うーん、厳しい。理由は後で述べていきます。

外箱と内容物です。V-WHITE本体、マニュアル、充電器と充電用の
ケーブルが格納されてます
vw中身

充電しているところです。青い光がちょっとだけきれいだと思った。
vw充電
使い方は見た目を見れば大体わかるのですが、マウスピースをくわえて
真ん中の電源ボタンを押して終わるのを待つといった具合です。

電源ボタンがあって押すたびに弱→強→クリーニングモード→電源断
と切り替えられます。ボタン長押しでも電源を切ることが出来ます。


それで何回か使ってみたので長所と短所を述べていきます。

長所
・マウスピースをくわえて歯を磨くので、両手が空いて他の事が出来る。
・45秒程度で終わる。
・1度充電すると、少なくとも1週間はもつ。
・市販の歯磨き粉が使える。

短所
・奥歯の奥までマウスピースが届かない。
・そもそもしっかり磨けているかがわからない。
・よくありがちなチューブタイプの歯磨き粉を使うと、洗うのがめんどくなる。

革命起こすのに不十分だと思った理由は、短所の上2つが主ですね。
特にどう考えても磨き残しがある部分が発生してしまうのは致命的です。
ですので私は元々使っていた電動歯ブラシをまた使うことにしました。

では全く役に立たないのかといえばそんなこともなくて、うっかり寝坊してしまって
「やべー、早く会社いかなきゃ。でもエチケット的に歯磨かないと。」
なんてシチュエーションだと最高でしょうw
(キシリトールガムを噛めばいいじゃんとかいう意見は受け付けない)

あと短所3つ目については、泡タイプの歯磨き粉使えば解決できますよ。
こういうのです↓

入手方法についてですが、今でしたらAmazonマーケットプレイスで販売している
方がいらっしゃるようですので、そちら買うのがいいんじゃないかと思います。
私がINDIEGOGOで買った値段よりも安いです。

ちなみにこの記事執筆時点の2018/8/26だとINDIEGOGOでも買えますが、
やっぱりAmazonのほうが安いです。


ロードバイクの盗難防止策

出かけた先で駐輪するときに、いかにも速そうで高そうなロードバイクを
見かけることがしばしばありますが、そういうロードバイクに限って適当な
ワイヤーロックだけで済ましていたりすることが多いのが個人的に気になっています。

速さを求めてできるだけ軽くしたいという気持ちはわからなくはないですが、
盗まれて乗れなくなったら元も子もないでしょう。

実は前に乗っていたロードバイクGRADEは1年経たないうちに2度
盗難未遂に遭ってます。ですので今回は大事な愛車を守るためにどうすれば
よいか書いていきます。


地球ロック、ゼッタイ

地球ロックとは簡単に言えばU字ロックやワイヤーロックなどを使って
簡単に動かせないものにくくり付けてしまうことです。

私はこれを怠ったばかりに一度盗まれかけました。
(その時には幸いにも200m先のスーパーの近くで見つかりました)

ロードバイクは高くなればなるほど軽くなり、簡単に持ち運べるようになりますので
フレームとホイールだけを通す方法は無意味です。

地球ロック

地球ロックを実践すると大体こんな感じになりますが、この画像の通りにやると
ホイールが盗まれる可能性があるので要注意です。ロードバイクのホイールは
たいていの場合簡単に外せる構造になってます。

ですので地球ロックするにしてもフレームと前後輪を守れるようにくくりましょう。
では実際私がどうしているのかを紹介していきます。


管理人はAltor 560G + Pitlock

まずAltor 560Gについて。これはチタン製の折り畳み式のロックです。
公式より重さは584gとまずまずですが、他社製の折り畳み式ロックに比べると
軽いです。それに専用のアタッチメントを利用すれば、自転車で移動する際に
フレームに括り付けておくことが出来るのが便利です。
560G装着

若干無理やり感はありますが、ELITE VIP bottlecage clipsと組み合わせることで
使えるボトルの数を減らさずに固定することもできますよ。
第3のボトルケージ

お値段は180ドルと結構お高めでした。残念ながら現在は公式ページから
購入不可ですが、次期モデルAPEXが予告されています。サインアップ
しておくと50%offになるようですので、気になる人はやっておくといいかも。

次にPitlockについて。
これはクイックリリースの代わりとして取り付けるスキュワーロックです。
クイックリリースと同じ要領でフレームとホイールに軸を通して
専用のナットで固定するのですが、専用のナットは付属する専用の工具でしか
取り外せないようになってます。

pitlock ナット

左が専用のナットで右がそれを回すための工具です。ナットがいびつな形状に
なっているため通常の工具では回せないという事ですね。

Pitlock 1セットずつにシリアルナンバーが割り振られているので、
対応する工具でないと回せないようになってます。

これを前後輪につかえばフレームだけ地球ロックしておいてもある程度安心
できますし、かさばるワイヤーロックを持ち歩かなくて済むのがグッドです。


  他に気になっているもの

Hexlox

自転車で使うネジはほとんどがアーレンキーで回せる六角形状のものですが、
その六角形の部分に専用の道具を埋め込んで簡単に回せなくしようという発想です。

これのいいところは前後輪だけではなくシートポストやサドルなどいろんなところに
使えるという点ですね。


ABUS Granit X-Plus 540

自転車界で最強クラスの防御力を誇るU字ロックと言えばこいつだろう。
重量は貫禄の1.5kg越え。鈍器としてみても自転車界最強クラス
なのではなかろうか。


ABUS Bordo Granit X-Plus 6500
↑の最強U字ロックの折りたたみ版ともいえる存在。
U字版にはわずかに劣るが高い防御力!貫禄の1.5kg越え!折りたためる鈍器!

しかしABUSの2つについては重すぎますね。Altor 560Gが軽く見えてきます。


色々と道具について書いてきましたが、盗難防止のベストな方法は
自宅に置くことでしょう。まず、駐輪場に置くよりもロードバイクの存在を隠すことが
できますから目を付けられにくい。そして目の届く範囲に置けるので安心できますね。
嗚呼、自転車の置けるマンションが欲しい。

mobac 小銭入れ付きキーケース

mobac正面

今回はMOTHERLODEのスマホが入る自転車財布と一緒に使っている
mobacの小銭入れ付きキーケースを紹介します。


ボタン止めされているのを開いたところです。左側がキーをぶら下げる
場所になってます。写真ではキーをぶら下げる金具が2つしかついてませんが、
普段使うのに邪魔なので2つ外しているだけで、本来は4つ付いてます。
mobacカード入れ
あと左右にカードを入れるポケットがあります。
カード入れアピールのため、この写真ではカードを奥まで突っ込んでいません。


カードを奥まで突っ込んだところです。クオカードはクレジットカードやSuicaより
大きいため少々はみでてしまってますが、クレジットカードと同じサイズで
あればはみ出すことなく収納できます。
mobacカード収納
ちなみに私は右側のポケットにPASMOを入れてまして、ボタンを閉じた状態でも
改札を通ることが出来ます。左側ポケットには免許証と健康保険証などを入れてます。


小銭入れはボタンで留める部分とは独立しておりファスナーで開閉できます。
この小銭入れはマチが付いています
。十分な小銭を収納できて取り出しにも困らない、
これが私が購入に至った最大のポイントですね。
mobac小銭入れ

裏側にもカードを入れるポケットが付いてます。この写真では吉野家の
割引パスを入れてますが、クレジットカードよりも多少大きいサイズのものでも
収納できます。
mobac裏カード入れ

他にこれの良いところを上げるとすれば入手性の高さと値段です。
Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのどれでも購入できる上に
2000円ちょいで買えます。

欠点は厚さですね。この状態でボタンを閉じると厚さ3cmくらいになります。
小銭や鍵が増えるともっと厚くなるでしょう。
あとは小銭入れのファスナーが時々引っ掛かりを感じることですね。

ただ個人的にはどちらの欠点も気になるほどではありません。


ちなみに自転車に乗らない時はこのキーケース + マネーバンドで出かけてます。
キーケースには自転車関係なしに使うものを入れているので、
急に自転車に乗りたくなった時もスムーズに装備変更できて便利ですよ。


カーボンロードでも使えるスタンド Upstanding Bicycle Company THE COMMUTER UPSTAND

自転車のスタンドっていくつか種類があるんですが、カーボンフレームの
ロードバイクにはフレームに挟み込んで取つけるようなタイプのスタンドは
使えないんですよ。

それでもカーボンロードでたまに買い物行きたくなる時ありますよね?
買い物する先で都合よくロードバイクを立てかける場所があればいいのですが、
ないことも間違いなくありますし、そんな場合にはスタンド欲しくなりますよね。

そんなあなたの願望をかなえてくれるのが、このUpstanding Bicycle Companyの
THE COMMUTER UPSTANDです。
commuter
このスタンドには折りたためるタイプと折りたためないタイプがあり、
私は折りたためないほうを買いました。

使い方はスタンドの付属品に下記のようなタブと呼ばれる付属品が
入ってますので、タイヤと一緒にタブを挟んでクイックリリースを通すだけです。
12mmタブ
ちなみに付属しているのは画像左下の9mm(クイックリリース用)穴タブで
その他のサイズは別売りになります。
画像右のタブは12mm穴タブでこれを使えばスルーアクスルでも
取り付けられます


スタンドだけ外すとこんな感じになります。タブとスタンドは磁石でくっつくように
なっているのでつけ外しは簡単です。タブが錆びてるのは気にしないで・・・。
commuter外し

外したスタンドは専用のホルダーに固定しておくことが出来ます。
ホルダーはボトルケージ取付用の穴があればケージと一緒に取り付けられます。
このホルダーは折りたためないタイプのスタンドには標準で付属してますが、
折りたためるタイプには付属していないらしい。
commuter収納

このスタンド結構普段から使ってますが、結構便利です。
それにカーボン製らしいので軽いです。

ただもう少し安定感が欲しい。コンビニに立ち寄るために使うくらいならいいですが、
駐輪場でずっと使う分には少々頼りないのは間違いない。

ちょっとスタンド自体が長い気がするのでもう少し短くできれば良さそう。
またゴム足が頼りないので、もっと良い代わりのものがあれば安定感増しそうです。


カーボンロードに使えるスタンドは現状数少ないので、このスタンドは結構使える
製品であることは間違いないですね。

同時に競合となるカーボンフレームでもスルーアクスルでも使えるスタンドが
出てきてほしいところ。

メガネ派のためのヘルメット OGK KABUTO AERO-R1

AERO-R1

普段使っているヘルメットであるOGK KABUTO AERO-R1の紹介。

この商品には標準でシールドが付いてますが、私は別売りのARS-3の
ピンクミラー色を使ってます。とりあえず外観を見ていきましょう。

正面。このシールドは磁石でヘルメットとくっついており、簡単に外して
上下反転させて取り付けることができます。
AR正面

側面はこんなかんじ。
AR横

このヘルメットの魅力はなんといっても、メガネを付けたままシールドを
利用できる
という点ですね。メガネの保護だけではなく急に雨が降ってきたときの
視界確保にも役に立ちます。
ARメガネ

右が元々ヘルメットに付属しているライトスモークのシールドで、
左が別売りの透過率88%のピンクミラーシールドです。
別売りのシールドは色に関係なく標準のものより軽いです。
ARシールド比較

背面。指さしているダイヤルがヘルメットの締め付け具合を調整する
アジャスターです。
AR後ろ

ヘルメットの裏面。灰色のパッドはマジックテープでくっついており、
簡単に外して洗うことができます。
AR裏

付け心地や蒸れ具合についてですが・・・正直よくわからん。
なんつっても初めて買ったヘルメットなもので・・・。
普段使ってて付け心地が悪いとか、蒸れすぎとか思ったことはないです。

雑な説明になってしまいましたが、ロードバイク乗るときは
ヘルメットつけましょうね。事故って頭打ってからでは遅いですからねと、
GW前に事故に遭った私が言ってみる。

交通事故に遭った記事についてはこちら


プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文