kuota kryon

とうとう組みあがりましたよ。我が新車、我が新たな相棒が!
ということで今回は買ったばかりのKUOTA KRYON DISC 2017(以下KRYON)を
紹介していきます。


買った理由

次のロードバイクは105コンポ積んでる油圧式ディスクブレーキ車がいいなあと
探しているところベラチスポーツのアウトレットコーナーで40%offになっている
こいつを見つけました。

条件満たしている上になんとフルカーボン、しかしお値段は送料抜きで
19万ほどと今の私には少々お高い。

他候補に挙げていたGIANT CONTEND SL 1 DISCとどちらにしようか
悩んでいたわけですが、見た目のイケメンっぷり(主観)とフルカーボンという
魔性の響きに屈し購入を決定。

ちなみにKUOTAというメーカーについてはイタリアのメーカーだってこと以外は
ほとんど知らない。サーセンw


漕ぎだしが軽い

組みあがって初めて乗った時の第1印象はこれ。以前乗っていた
GT GRADE ALLOY CLARIS 2017(以下GRADE)とは明らかに違う
踏み込んだ時のレスポンス。以前より更に一段とググッと進む。
これもフルカーボンの力なのか!?と思わず驚きました。

ただ完成車の重さが実際どのくらいなのかはよくわかりません。
ちょっと調べても出てきませんでした。重さ測ってみたいです。


ブレーキの引きが軽い

ちょっと乗って止まろうとしたに思ったことがこれ。GRADEの
機械式ディスクブレーキだと全力とまではいかないまでも
結構強く握らないといけない印象でした。

しかし油圧式のKRYONだと軽く引いただけですぐ止まります。
むしろ今までの感覚でブレーキを引くと危ないとすら感じます。
しばらくは慎重にブレーキコントロールしないといけないですね。
しかしこれに慣れたら戻れる気がしない。

私のような手の小さい男や力の弱い女性にとっては特におすすめできます。

余談ですが、海外だと右ブレーキがリヤ、左ブレーキがフロントで日本とは
逆になっています。注文の際に日本仕様に変えてくれと頼みましたが、
そのまま海外仕様できましたwそのうち慣れるでしょうからそのまま使います。


お前クイックリリースかよぉ!?

この記事にも書いていますが、ブレーキの中でも比較的高級品な
油圧式ディスクブレーキを積んでいたとしても9mmクイックリリースだという。

GRADEもクイックリリースでしたが、これは機械式だしエントリーモデルだし
そんなものだろうと思ってましたが、油圧式でミドルグレードなKRYONも
クイックリリースだとは予想してませんでした。

最近は剛性面を考慮してスルーアクスルとディスクブレーキはセットだと
思ってましたが、そんなことないのだろうか。

個人的に一番残念な点でしたが、私みたいな素人にはクイックリリースでも
スルーアクスルでも違い分かんねーよと思い込みます。


サドル高が思ったより調整できない

KRYONは若干エアロっぽい形状で、シートポストも専用の形状のものが
使われています。そのせいなのか、私の気のせいであるだけなのかは
よくわかりませんが、あまり調整幅がない印象です。

私自身はもう少しサドルを下げたポジションでも乗り心地を試したいのですが、
そうできないのは若干つらいところではあります。


日本語読みだとクレヨンというポップでキュートな名前なのに、
以前乗ってたGRADEと比べると断然ガチですね、これは。
まだ2kmくらいしか乗れてないので、来週の休日には40kmほど乗りたいですね!


(おまけ)純正品から変えたパーツ

タイヤ:MICHELIN LITHION2 → Vittoria CORSA G+ (28C)
GRADEのおさがり。こちらのほうが性能よさそうだし
走行距離もそこまでではなかったため変更。クイックリリース:純正 → Pitlock
これもGRADEのおさがり。性能ではなく盗難防止目的で変えてます。
KRYON到着するまで使いまわせるとは思ってませんでした。嬉しいやら悲しいやら。ボトルケージ:ELITE Custom Race → Lifeline Professionalボトルケージ(カーボン)
これもGRADEのry)。こっちのほうが軽いからね。

ちなみに全部Wiggleで買いました。今はCORSA G+以外は売ってないのが残念。