自転車

ASSOSの冬用ジャケット Mille GT Ultraz Winter Jacket

冬用のジャケットを買いました。
購入したのはASSOS Mille GT Ultraz Winter Jacketです。

  外観

正面です。腕には幾何学的な模様(よく見たらASSOSのロゴマーク)が入っていて私は結構好きなデザインです。
IMAG0466

背面はこんな感じです。
IMAG0467

袖を拡大。eisenHerzって書いてます。公式ページにも何度かこのワードが登場してきますが私はよく意味が分かっていませんw
IMAG0471

襟部分を拡大。ここにもeisenHerzと書いてます。細かい文字で色々書いてますが機能性アピールをたくさんしていることだけはわかりましたw
IMAG0468

襟に隠れていたのは実はネックウォーマーです。縫い合わせてあって外せないのは疑問を感じざるを得ないです。一応背中部分にしまっておけますが、それ背中の通気性悪くならないですかね?
IMAG0469

つけてみました。ネックウォーマーそのものは悪くないです。
それだけに一体型にした謎構造が気になって仕方がないです・・・。
IMAG0464

重さは547gです。自転車用の冬用ジャケット買ったのはこれが初めてなので、これが重いのか軽いのかは何とも言えません。
IMAG0474


  感想

防風性、防寒性、着心地について

まず家の中で着てみましたが、推奨温度が-4~6℃らしいので着るだけでも暖かいことがわかります。

次に11/14に片道20km弱の自転車通勤に着てみました。ですので着たのは朝と夜ですね。ジャケットの中に着たのは変態インナー1枚です。
ネックウォーマーは口元までカバーせず首に巻くだけにしました。

自転車こぎ始めはちょうどいい温度ですが、身体が温まってくると我慢できないほどではないですがちょっと暑かったです。

ただし私は結構な暑がりなので、暑がりではない人にとっては丁度よいのかもしれません。
(ちなみに管理人は冬用のスーツさえ着ればコートは着なくても問題ないくらいには寒さに強いですw)

また夏用のインナー1枚だけで暑いと感じるという事は、防寒性は十分であることの裏返しとも言えますね。防風性も問題なしです。

動きやすさについては全く問題ないです。私は162cm/58kgでSサイズを購入しましたが、タイトすぎず緩すぎずの丁度よいフィット感です。


問題のネックウォーマー

やはりこの構造についてはデメリットを感じることはあっても、メリットを感じることは正直なかったです。

デメリットを特に感じるのは一時はずしてから再度つける時ですね。
外しているときは背中側にネックウォーマーがぶら下がっています。
それでもってこのネックウォーマーには上下があるわけです。

手の感触だけで上下を判別して再度着用しなければいけないわけですが、その上下が結構わかりづらいです。

普通のネックウォーマーだったら目視して方向を確認しつつまたつければいいのですが、それが出来ません。それがちょっともどかしく感じます。

ネックウォーマーの性能そのものについては何とも言えないですが、変形した汗拭きタオルとしては十分な性能でしたw
そこそこ暖かいですが汗で蒸れることはなかったです。


今までASSOS製品については基本的に値段以外についてはアゲてきたわけですが、これは手放しで人にはオススメしないですね。
外せないネックウォーマーついてるけどそれでもいい?って絶対聞きますね。

見た目や着心地は割と良いと思っているだけに、このネックウォーマーの構造が気に入らないし納得できないんですよね・・・。本当にもったいない。

ネックウォーマー自体が嫌いなわけではないので、ジャケットのおまけとしてつけてくれたらそれでよかったんですが、何故こんな事を・・・。割と本気で開発した人にこの意図を問い詰めてみたいです。

一応公式の動画を見てちょっと調べた後買ったんですが、この構造に全然気が付けなかったのは不覚でしたね。

(2018/12/2 追記)
ネックウォーマー君を独立させました。
おめでとう!これで君は晴れて自由の身だ!おかげでジャケットとネックウォーマー共に使いやすくなりました。
IMAG0535

カーボンロードでも使えるスタンド Upstanding Bicycle Company THE COMMUTER UPSTAND

自転車のスタンドっていくつか種類があるんですが、カーボンフレームのロードバイクにはフレームに挟み込んで取つけるようなタイプのスタンドは使えないんですよ。

それでもカーボンロードでたまに買い物行きたくなる時ありますよね?
買い物する先で都合よくロードバイクを立てかける場所があればいいのですが、ないことも間違いなくありますし、そんな場合にはスタンド欲しくなりますよね。

そんなあなたの願望をかなえてくれるのが、このUpstanding Bicycle CompanyのTHE COMMUTER UPSTANDです。
commuter
このスタンドには折りたためるタイプと折りたためないタイプがあり、私は折りたためないほうを買いました。

使い方はスタンドの付属品に下記のようなタブと呼ばれる付属品が入ってますので、タイヤと一緒にタブを挟んでクイックリリースを通すだけです。
12mmタブ
ちなみに付属しているのは画像左下の9mm(クイックリリース用)穴タブで、その他のサイズは別売りになります。
画像右のタブは12mm穴タブでこれを使えばスルーアクスルでも取り付けられます

スタンドだけ外すとこんな感じになります。タブとスタンドは磁石でくっつくように
なっているのでつけ外しは簡単です。タブが錆びてるのは気にしないで・・・。
commuter外し

外したスタンドは専用のホルダーに固定しておくことが出来ます。
ホルダーはボトルケージ取付用の穴があればケージと一緒に取り付けられます。

このホルダーは折りたためないタイプのスタンドには標準で付属してますが、折りたためるタイプには付属していないらしい。
commuter収納

このスタンド結構普段から使ってますが、結構便利です。それにカーボン製らしいので軽いです。

ただもう少し安定感が欲しい。コンビニに立ち寄るために使うくらいならいいですが、駐輪場でずっと使う分には少々頼りないでしょう。

ちょっとスタンド自体が長い気がするのでもう少し短くできれば良さそうですね。
またゴム足が頼りないので、もっと良い代わりのものがあれば安定感増しそうです。


カーボンロードに使えるスタンドは現状数少ないので、このスタンドは結構使える製品であることは間違いないですね。

同時に競合となるカーボンフレームでもスルーアクスルでも使えるスタンドが出てきてほしいところ。



スペシャライズドのハイエンドMTB用ビンディングシューズ S-WORKS Recon Shoes

ロードバイクでより早く走るならビンディングシューズやペダルはSPD-SLを筆頭とした3点止めのものやSPEED PLAYのものがベターだと思います。

しかし、S-WORKS VENGEに試乗してSPD-SLのビンディングシューズを履いた時に、これではロードバイクで走る以外の事はほとんどできないなと思ったわけです。

私はロードバイクから降りた後に徒歩で散策することも結構多いので、SPD-SLにはせずSPDのものを利用していますが、それでもより速く走りたいと思う欲求はあるわけです。

そこでカーボンソールのSPDシューズなら、ロードバイクでのライドと歩きやすさをいい具合に両立できるのではないかと思い、今回紹介するS-WORKS Recon Shoesを買いました。
IMAG0544


  外観

右サイドです。この靴はダイヤル2つとマジックテープで締め付け具合を調整します。個人的にS-WORKSロゴ結構好きです。ちなみに右靴で写真撮ってます。
IMAG0546

逆サイドです。
IMAG0547

靴底です。カーボン製なのでカッチカチです。ロードバイク用の靴に比べると設置するラバーの面積は多いですが、普段履きのスニーカーと比べるとやはり少ないです。
IMAG0545

つま先側についているスパイクのようなものは外せます。スタッドと呼ぶみたいです。
IMAG0554

上からです。よく見ると細かい穴が無数に空いてます。
IMAG0551

インソールはこんな感じになってます。
IMAG0548

インソール裏側
IMAG0549

インソール取った後の靴の内側はこんな感じです。
IMAG0550

重さはEUサイズ37で243gです。クリートなしの状態です。公称値だとEUサイズ42で301gだそうです。
IMAG0553


  感想

以前から愛用しているシマノのSH-MT500と比較しながら書いていきます。


より踏めるようになる


まず上り坂が楽になりました。カーボン製の硬い靴底のおかげでしょう。シマノSH-MT500よりもよりダイレクトにペダルに力を加えられる感覚があります。

その代わり、ペダルに力を加えた反作用が足の裏にくる感覚があります。長距離乗っているとじわじわ足裏へのダメージとして影響が出そうな予感がしますが、まだ長距離走れていないので慣れの問題もあるかもしれません。

SPD-SLは面で、SPDは点で踏む感覚なんて一部で言われていたのを見たことがありますが、この靴でペダルを踏んだ時の反作用が1円玉くらいの面積でくる感覚なので、もしかしたらこういう事なのかなと思いました。

同じSPD用シューズでもSH-MT500だとそういう感覚はなかったです。


調整が楽

初めてBOAダイヤルで調整する靴を履きましたが、締め付け具合の調整が楽で、微調整が可能でかなり好感触です。

この靴を初めて履いた時は調子に乗って締めつけすぎて痛いwなんてバカな事をしてましたが、そんな時でもダイヤルをカチカチと回せばすぐに調整できます。

マジックテープだと一度はがさなければいけないですし、靴ひもの場合でも一度ほどかないといけない場合もあるでしょうが、ダイヤルだとそんな心配は不要です。今は自転車用の靴はダイヤルしかないと思っているくらいです。


寒い

執筆時点では12月でシューズカバー未入手の状態で履いてますが、朝晩はシャレにならないくらい寒いです。冬にロードバイク乗っている時、間違いなくつま先が一番冷えてます。

素直にシューズカバー使いましょう。MTB用のシューズでも使えるというシューズカバーは少ないですが、探せばあるようです。このパールイズミのものはMTBと明記されてますね。

裏を返せば夏の通気性に関してはかなり期待できそうです。


長距離歩くのは厳しいが、街中散策は頑張ればいける

SPD-SL用の靴よりはマシだと思うのですが、それでもスニーカーのように自由には歩けません。走るのはまず無理です。

下記の画像のようにスタッドが接地したあたりから、かかとを上げてつま先を接地させようとするときにかなり違和感があります。
IMAG0568

これはカーボンソールの硬さよりはラバーの少なさの影響が大きいと思います。しかもスタッドのガワはプラスチックで滑り止め効果ゼロです。ラバー製で高さがもう少し低かったらもっと歩きやすくなったのではないかと思います。

ただ元々MTB用に作られているのでそんなこと言われてもって感じですよねw
ちなみにスタッド外すと更に歩き辛くなりました。

それでも飲食店や喫茶店を徒歩ではしごする分にはそこまで問題にはならなかったです。

今後ロードバイクに乗るときの靴はこのS-WORKS Reconがメインになるとは思いますが、しばらくはSH-MT500のほうも残しておきます。ロードバイクで走った先でどのくらい徒歩が必要なのかで使い分けが必要になりそうです。

(2018/12/21 追記)
この靴にもだいぶ慣れてきましたが、思ったよりも歩けるので最近はSH-MT500と使い分ける必要性が薄らいでいると感じます。

またクリートの位置を修正したためもあるのか、足裏に来る痛みもだいぶ和らぎました。

カーボンソールのSPDシューズはロードバイクのライドと徒歩のしやすさを両立するなかなか良い妥協点という気がしてきました。

ただ冬の寒さはどうにもなりません。シューズカバーを使う、冬用の靴下をはく、冬用のビンディングシューズを別途買うなどして対策しましょう。


ちなみにこのS-WORKS Recon、お値段4万円弱と結構お高いです。しかし海外通販で買おうとしても全然安くならないどころかむしろ高くなる印象ですので、素直に国内で買いましょう。

残念ながら試し履きできる程在庫もないようで、スペシャライズドストア店頭でも1サイズしか置いてませんでした。ロード用のS-WORKS 7 ROAD SHOESがほぼ同じ履き心地だと店員の方が言ってましたので、サイズ感確かめたいならそちらを試してみましょう。

最後に、これを買うまでの副産物として足が小さい人のためのビンディングシューズメーカーはどこ?という記事を作ったので、足の小さい方はそちらも見ていただけると嬉しいです。

シマノ S-PHYRE ウィンドレジスタントジャージ

ASSOS Mille GT Ultraz Winter Jacketに一部気に入らないところがあって(詳細はこちら)、前々から気になっていたシマノのS-PHYRE ウィンドレジスタントジャージもちょっと前に買ってたんです。

しかし、明らかに買うのが遅すぎました・・・。今冬、このまま出番が回ってくるか微妙です。
ただ紹介しないももったいないなと思いまして記事にしました。

  外観

正面
IMAG0559

この青い部分は滑り止めになってます。
IMAG0565

ファスナー開けたところ。秋冬用なので裏起毛になってます。
IMAG0563

背面
IMAG0560

バックポケットを拡大。容量は十分です。
IMAG0564

何故か左のバックポケットだけペンホルダーらしきものがあります。何を想定してつけたのかはわかりませんが、正直いらないです。
IMAG0561

重さは実測で288gでした。
IMAG0572


  感想

ASSOS Mille GT Ultraz Winter Jacketと比較しながら書いていきます。

防寒性、防風性について

防寒性、防風性共にASSOSのジャケットと比べて控えめです。ジャージとジャケットを比較しているので仕方のないところではあります。

防寒性についてはインナーを夏用半袖であるASSOS SS.skinFoil summer EVO7一枚にした場合、シマノのこのジャージだと10℃でも少々寒いのに対し、ASSOSのジャケットだと5℃でも問題ないです。(私の主観で申し訳ないですが)

シマノの公式ページをみても、このジャージを着る温度帯が残念ながら乗っていないんですよね。こういうところ手を抜かずに掲載してくれれば、買うための判断をもっと早くできたかもしれないと思いました。シマノさん頑張って!

冒頭で書いている買うのが遅かったというのは、主に防寒性のためですね。しかしインナーを長袖にすればまだまだ使えそうです。

フィット感について

このジャージもASSOSのジャケットもどちらもSサイズで購入してますが、このジャージのほうが明らかにタイトです。シマノのS-PHYREシリーズ自体がレースを想定して作られているからでしょう。着るときは腕が少々窮屈に感じますが、ある程度自転車に乗っていると気にならなくなる程度です。


正直なところ、あまりこのジャージを着れていないので現状では感想を書くことが難しいですが、寒さのピークが過ぎて、徐々に暖かくなってくれば色々感想を書くことが出来るのではないかと思います。

半額近い値段で売っているところもあるので、秋冬用のジャージで悩んでいるのであれば買ってみてはいかがでしょう。

足が小さい人のためのビンディングシューズメーカーはどこ?

私は身長が162cmしかなくて普段から服や靴、手袋を選ぶのにも合うサイズがなくて結構困ることが多いんですよ。

自転車においても同じことが言えまして、最近ビンディングシューズ新しいの欲しいなと思って店を色々回ってたんですが、小さいサイズがどこにも置いていないんですよ。
(ちなみに私は自転車用だとEUサイズ38前後が適正)

そこで同じ悩みを持つ同士もいるんじゃないかと思い、各メーカーがどのサイズ以上をそろえているのかという事を調べてみました。調べたのは各メーカーのフラッグシップモデルだけですが、下位モデルを買う時もある程度は参考になるんじゃないかと思います。

  EUサイズ36~

シマノ

SPECIALIZED

S-Works 7 Road Shoes

S-Works Recon Shoes
IMAG0544
(2018/12/16 追記)
購入したのでレビュー記事書きました

NORTHWAVE
※海外公式だと36~ありますが、国内代理店のページだと39~のようです

  EUサイズ38~

LINTAMAN
※↓これはかかとも調整できるようです



  EUサイズ39~

GIRO


  EUサイズ40~

SIDI
※下位モデルにはもう少し小さいサイズもあるようです


  日本サイズ24cm~

MAVIC
(海外公式はたどりつけなかったため未確認、サイズがcm表記)




こうやって調べてみると私のような足の小さい人にも対応しているメーカーは結構あるんだなと思いました。個人的にはSIDIのシューズが気になっていたので、試し履きする余地もなかったのは残念でしたが・・・。

また、ここに掲載しているのはあくまで長さの目安なので、長さはあってても幅が合わないなんてこともあるでしょう。自分にフィットするものを見つけるためにもできる限り店頭で試着することをおすすめします。

足が小さいとその試着用のサイズもないってことも言われて困っちゃうんですけどねw
プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文