デスラッシュ

2019年初のデスラッシュの名作か!? Carnal Forge / Gun to Mouth Salvation (2019)

cover

メタルの中で一番好きなサブジャンルは?と聞かれたら迷わずデスラッシュと答える私ですが、デスラッシュってここ数年どころか十数年これ名作じゃんって自信を持って言える作品が全然ない気がするんですよ。

そんな不毛の地・焦土と化しているデスラッシュ業界に、この界隈では有名なCarnal Forgeが今年2019年に「Gun to Mouth Salvation」というアルバムを引っ提げてカムバックしてきました。


  このアルバムの音楽性について

少々話はそれますが、Carnal Forgeの中で一番有名で名作と言われているのは3rdアルバムの「Please... Die!」になるのではないでしょうか。
ですが、正直なところ私はこのアルバムがあまり好きではありません。
確かにデスラッシュたる疾走感やザクザク感はあるのですが、一本調子ですぐに飽きてしまいました。
※あくまで個人の感想です。好きな人はゴメンナサイね。

それで今作の「Gun to Mouth Salvation」は彼らの7thアルバムになりまして、「Please... Die!」から18年も後の作品になるんですね。その間何が変わったのかと言えばフックや緩急のつけ方が抜群に巧くなりました。
(ちなみにメンバーも変わりまくりました。Wikiより)

スラッシュやデスラッシュのアルバムって大体1曲目にキラーチューンとなる疾走曲を持ってくるのが王道だと思いますが、このアルバムはミドルテンポの曲からスタートです。この構成は単純に速さだけで勝負しているわけではないという自信の表れでしょうか。

基本的に速いの大好きな疾走厨、爆走厨な私ですが、このアルバムはミドルテンポでも気持ちよく頭を振れるパートがあるなと全体を聴いていて思います。若さ故の爆走が減ったのは少々残念ですが、それを十分すぎる程に補うほどのノリがあります。「Please... Die!」よりもはるかに本作のほうが好きです。

ただいずれの疾走曲も必ず減速するパートがあるので、1、2曲くらいは終始勢い任せで爆走しまくる曲があってもよかったですね。


総括としてはデスラッシュの名作でしょう。デスラッシュ好きならとりあえず聞いてほしいです。Bandcampで全曲試聴出来ますのでよろしければどうぞ。ただし、メタル初心者は聴いてはいけないw

ところでデスラッシュって速い・重い・ザクザクっていう吉野家3拍子的にわかりやすくメタラーに響く要素があるのに何でこんなにもはやらないんですかね。今時のメタルにはそういう要素は求められていないのだろうか?と考えると少し残念な気持ちになります。

100%漢のデスラッシュ Defleshed / Royal Straight Flesh (2002)

defleshed royal

デスラッシュとは何か。Defleshedを聴けばわかる。
Defleshedのアルバムの中でも特に気に入っているRoyal Straight Fleshを
紹介していきます。


どこを切ってもデスラッシュ

基本250BPMというとんでもない速さのスラッシュビートを主軸に
時折ブラストビートで苛烈に畳みかけかけてくるドラム。

高速な刻みを伴う重量感のあるザクザクとしたギターリフ。
ひたすらリフを聴かせるためにメロディやギターソロを排除。
そこにしゃがれたデスヴォイスが乗っかる。

全編これです。実にシンプル、わかりやすい。
もっと言えば他のアルバムも大体こんな感じです。ぶれなさすぎてすごい。
まさにデスラッシュの化身ともいえるバンドです。

裏を返せば一本調子とか単調という事なんですが、
何故か飽きずに10年以上聞いてます。理由はうまく説明できないのですが、
ひたすらリフリフリフで攻めて飽きないってことは
リフの作り方が上手いということなんでしょう。

当然全曲速いので速い曲大好きの私もご満悦です。
1曲当たりの長さも長くて3分半くらい、短いと2分10秒台と
非常にコンパクトにまとまってます。

速さ、曲の短さ、ギターのザクザク感、ドラムの手数、これらの要素が相まって
爽快感抜群です。もやもやした気分だったらこれを聴けばスッキリします。


それで紹介しておいてなんですが、色々と残念な点があります。
まずバンドが解散済み。音源自体も廃盤になっており、入手が難しいという点です。

bandcampには同バンドのUnder The Bladeならあるんですがね。
私としてはここで紹介しているRoyal~と1つ前のアルバム
Fast Forwardがおすすめです。

入手するならAmazonのマーケットプレイス、ヤフオク、ディスクユニオンなどで
中古を探すという事になると思います。
聴くまでのハードルが高いですが、私のお気に入りアルバムNo2候補なので
是非とも聞いてほしいですね。


デスラッシュ + ロックのノリ = 神  The Crown / Deathrace King (2000)

deathrace king

私のお気に入りアルバム紹介第1号にして最も気に入ってるのはこれ!
The Crown / Deathrace King

バンドの遍歴や曲リストについては割愛します。
曲リストについては上記のbandcampのリンクから見れますし、試聴もできます。


  このアルバムのよいところ

スピードや攻撃性がありつつもノリノリである

そもそもメタルって元々のルーツがロックなんだからノリがあるのは
当たり前では?という声も飛んできそうですが実はそんなこともなく、
スピードや重さ、攻撃性を追求するあまり機械的あるいは無機質に
なってしまうケースも多々あります。さながら冷徹な殺人マシーンみたいな?
(それはそれで場合によっては良かったりもします)

対してこのアルバムはどうかといえば、世紀末のモヒカン共みたいなものでしょう。
ヒャッハー!と言いながらバギーやバイクに乗って荒々しくノリノリで
暴れる光景が目に浮かびます。
ヒャッハー


もう少し補足すると、デスラッシュというジャンル自体が持つ
スピード、攻撃性、歯切れのよいリフなどといった要素にロック本来が持つ
ノリがしっかりとミックスされています。こういうアルバムは貴重です。


11曲中9曲が速い

速い曲大好きな私にとってはたまらない点です。そしてミドルテンポの曲が
5曲目、9曲目と非常に良い具合の箸休め期間であるのもポイント高し。


非常にわかりやすい

まずリフが非常にキャッチーです。ブルータルだメロディックだと考える前に
一聴してキャッチーだと思いました。これはロックのノリ成分のおかげでしょう。

そして、サビが非常にわかりやすい
大体タイトル名を叫んでおけばOKです。ゆえに非常にライブ映えします。
英語についてはGoogle翻訳頼みのバカな私にも非常に優しい。

初来日のライブの時にキリンスター!キリンスター!と会場が一体になって
叫んだのは良い思い出。


私はこのアルバム、毎日とはいかないまでもかれこれ14年聞き続けてます。
私にとってはこれがナンバー1であり替えのきかないオンリー1です。

しかしメタルを聴いたことない方やメタル初心者にはまったくオススメできない
ヴォーカルはデスヴォイスだし、レギュラーチューニングとはいえギターは重めだし、
速いしではっきり言ってうるさいし耳に痛いと思います。

逆に普段スラッシュメタルやメロデスを聴いていて、もっと刺激が欲しいと思った
方には非常におすすめ。新たな世界が開けるかも!?

ちなみにこの次にリリースしたアルバムCrowned In Terrorもなかなかおすすめです。
ここで紹介しているDeathrace Kingからロックのノリを少し減らして
よりメロデスラッシュ寄りになってます。


プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文