節約

ライフメディアを使ってPayPay支払い以上にお得に家電を買う

最近何かと話題のPayPay、20%キャッシュバックキャンペーン開始後にビックカメラに行列ができたようですね。そりゃあ、20%キャッシュバックだったら購買意欲増すのは間違いないですよね。

ただ、実はもっとお得に家電を買える可能性がある方法があることをお伝えしておきたい。

やり方は簡単で、ライフメディアというポイントサイトで稼いだポイントをノジマのポイントに変えるだけです。
ライフメディア

こうすることでポイントが1.5倍、実質33%割引になっちゃうんですね。しかも、今のところはこのキャンペーンの期間指定がないため、いつでもOKということです。

ただ、まずライフメディアのポイント貯めなければいけないですし、ノジマでしか効果を発揮しないので機会がだいぶ限られてしまうのが難点ですね。しかし、頭の片隅にでも入れておけばいつか役に立つ来る日が来る・・・かも。

ライフメディアへの登録は↓のバナーからしていただけると管理人が喜びます。
ライフメディアへ無料登録

キャッシュバックやらポイント増量などでお得に家電を買うことが出来るのは間違いないですが、そもそもその家電が必要なのか、必要だとしてどこで買うのが最も得なのか価格.COMとも照らし合わせたほうがいいですね。

ちなみに私は最近家電を買いたいとあまり思わないので、残念ながらこういうキャンペーンを活用できずにいます。(自転車用品をポチりながら)

PayPay + Kyashで還元率22%以上にすべし

PayPay半端ないって!支払っただけで20%返ってくるもん。
そんなん出来ひんやん普通。
大迫半端ない

ということで最近話題のPayPayの100億ばらまきキャンペーンの一環で、PayPayで支払っただけで20%も還元されてしまうという本当に半端ないキャンペーンがスタートしました。

20%還元だけでも十分すごすぎなんですが、なんとPayPayに私一押しのプリペイドカードKyashが登録できてしまいます。(Kyashの概要についてはこちらの記事をどうぞ)

ただし、Kyashはリアルカードの有無にもよりますが、1日に3万もしくは5万円までしか払えないので注意です。その金額超えそうでしたら、普通にクレジットカードをPayPayに登録しておきましょう。

これで22% + クレジットカードの還元率まで行けます。
Kyashに登録できて通常時の還元率が高いクレジットカードだとREXカードあたりでしょうか。これだと23.25%還元ですね。

KyashもREXカードもポイントサイト経由で作れますので、とことんお得に作って使いましょう。2018/12/4時点だとKyashはすぐたま、REXカードはちょびリッチで作るのが最もお得なようです。

ポイントサイトに関する記事も書いてますので、そちらも見ていただけると幸いです。

ちなみにPayPayの20%還元は2019/3/31まで実施するそうです。
それまでに100億もつのだろうか?

海外通販はKyashで支払うと3%手数料かかる

2%もキャッシュバックというおトクなキャンペーンをしているKyashですが、
海外通販をKyashで決済してしまうと手数料3%とられます。
kyash 3

ちなみに普通のクレジットカードで支払った場合は大体1.6%くらいですが、
カードの種類やVisaやMasterなどのブランドによっても微妙に違うので要注意です。

ここで問題になってくるのが、還元率の高いカードでそのまま払ったほうがいいのか、
クレジットカードチャージ設定しているKyashどちらで払ったほうがいいのか
というところですね。

■P-one Wiz(Visa)で支払った場合
 1.5(カードの還元率) - 1.63(海外手数料) = -0.13%

 こちらはこの計算方法で間違いないでしょう。

■1.2%還元のクレジットカードでチャージ設定されたKyashの場合
 1.2(カードの還元率) + 2(Kyash還元率)- 3(海外手数料) = 0.2%
 
 このように計算されれば結局Kyashで払うほうが得だという事になりますが、
 本当にこうなるかはわかりません。

 ※ちなみにP-one WizでKyashにチャージした場合、1.5%還元されるかは
   現状定かではありません。6月分の決済はいけたとか。

どちらがいいんでしょうねぇ、偉い人教えて!

(2018/10/24 追記)
bandcampでkyash決済してみました。

買ったアルバムの金額:2.9$
会計時に表示された日本円の金額:326円
※この時のドル/円のレートは112.17くらい

実際に請求された日本円の金額:336円
請求額のドル/円のレートは 336/2.9=115.86

会計時の表示額に対して請求額がどのくらい高いかというと
115.86/112.17*100 = 103.23 つまり3.23%くらい高くなってます。

(2018/10/27 追記)
今度は別のサイトでkyash決済してみました。

買った商品の金額:249.12
当時のユーロ/円のレートは127.87
日本円に換算すると249.12×127.87=31855円


実際に請求された日本円の金額:32956円
請求額のユーロ/円のレートは 32956/127.87=132.29

会計時の表示額に対して請求額がどのくらい高いかというと
132.29/127.87*100 = 103.46 今度は 3.46%くらい高くなってます。

結局海外通販でKyash支払いする意味はあるのか?というと
ちょっとだけ意味あるようにも見えるし、ほとんどないようにも見えます。

少なくともキャッシュバックの上限12万円を超えそうだという場合は
Kyashで支払わないほうが賢明ですね。

海外通販する際に、普通のVISAやMasterのカードで支払う手数料約1.6%より
安くする手段って何かあるのかな?

Kyashリアルカードもポイントサイト経由でお得に発行

支払いの時に使うとクレジットカードの還元率に+2%実質上乗せできる
管理人も一押しのお得なプリペイドカードであるKyashですが、いつの間にか
ポイントサイト経由で申し込めるようになってました。

2018/10/23現時点で最高額250円とあまり高くはないですが、発行や年会費無料
ですし使い続けるだけでお得であることには間違いないので、これを機に
Kyashリアルカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

現状申し込めるポイントサイトがほとんどないですが、すぐたまという
ポイントサイトから発行手続きできます。

すぐたまについては最近登録したばかりですのであまり良くわかってないです。
申し訳ない・・・。とりあえず期間限定でポイントと同額(?)分の
仮想通貨もらえるみたいです。

(2018/11/15まで)Google Pay + QUICPay で10%キャッシュバック!

JCB Google Pay

GoogleがQUICPayに対応した記念に11/15日まで利用した金額の
10%もキャッシュバックするというキャンペーンを開催中です。
(詳細はこちら)

キャッシュバックの上限額は5000円という制限はありますが、
それでも10%はかなりおいしいですね!

ただ対象となるクレジットカードは結構限られているようですので要注意です。

それとANA JCBプリペイドカードでも同様に10%キャッシュバックで
わざわざ別のページに紹介されていますが、個人的にはむしろこっちが
メインだと考えています。

ANA JCBプリペイドにチャージしたときにポイントがつくクレジットカードで
チャージすれば

10%(Google Payキャッシュバック) + 0.5%(ANA JCBプリカ還元率)
+クレジットカード還元率
で更にうまうまできます!

Google Pay使えるAndroidスマホ持っている方は是非参加しておきましょう。
Pixel 3の日本発売も決まったことですし、GoogleのAppleに対抗する姿勢の
本気度がうかがえますね。
プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文