ヘルメット・ウェア

シマノ S-PHYRE ウィンドレジスタントジャージ

ASSOS Mille GT Ultraz Winter Jacketに一部気に入らないところがあって(詳細はこちら)、前々から気になっていたシマノのS-PHYRE ウィンドレジスタントジャージもちょっと前に買ってたんです。

しかし、明らかに買うのが遅すぎました・・・。今冬、このまま出番が回ってくるか微妙です。
ただ紹介しないももったいないなと思いまして記事にしました。

  外観

正面
IMAG0559

この青い部分は滑り止めになってます。
IMAG0565

ファスナー開けたところ。秋冬用なので裏起毛になってます。
IMAG0563

背面
IMAG0560

バックポケットを拡大。容量は十分です。
IMAG0564

何故か左のバックポケットだけペンホルダーらしきものがあります。何を想定してつけたのかはわかりませんが、正直いらないです。
IMAG0561

重さは実測で288gでした。
IMAG0572


  感想

ASSOS Mille GT Ultraz Winter Jacketと比較しながら書いていきます。

防寒性、防風性について

防寒性、防風性共にASSOSのジャケットと比べて控えめです。ジャージとジャケットを比較しているので仕方のないところではあります。

防寒性についてはインナーを夏用半袖であるASSOS SS.skinFoil summer EVO7一枚にした場合、シマノのこのジャージだと10℃でも少々寒いのに対し、ASSOSのジャケットだと5℃でも問題ないです。(私の主観で申し訳ないですが)

シマノの公式ページをみても、このジャージを着る温度帯が残念ながら乗っていないんですよね。こういうところ手を抜かずに掲載してくれれば、買うための判断をもっと早くできたかもしれないと思いました。シマノさん頑張って!

冒頭で書いている買うのが遅かったというのは、主に防寒性のためですね。しかしインナーを長袖にすればまだまだ使えそうです。

フィット感について

このジャージもASSOSのジャケットもどちらもSサイズで購入してますが、このジャージのほうが明らかにタイトです。シマノのS-PHYREシリーズ自体がレースを想定して作られているからでしょう。着るときは腕が少々窮屈に感じますが、ある程度自転車に乗っていると気にならなくなる程度です。


正直なところ、あまりこのジャージを着れていないので現状では感想を書くことが難しいですが、寒さのピークが過ぎて、徐々に暖かくなってくれば色々感想を書くことが出来るのではないかと思います。

半額近い値段で売っているところもあるので、秋冬用のジャージで悩んでいるのであれば買ってみてはいかがでしょう。

足が小さい人のためのビンディングシューズメーカーはどこ?

私は身長が162cmしかなくて普段から服や靴、手袋を選ぶのにも合うサイズがなくて結構困ることが多いんですよ。

自転車においても同じことが言えまして、最近ビンディングシューズ新しいの欲しいなと思って店を色々回ってたんですが、小さいサイズがどこにも置いていないんですよ。
(ちなみに私は自転車用だとEUサイズ38前後が適正)

そこで同じ悩みを持つ同士もいるんじゃないかと思い、各メーカーがどのサイズ以上をそろえているのかという事を調べてみました。調べたのは各メーカーのフラッグシップモデルだけですが、下位モデルを買う時もある程度は参考になるんじゃないかと思います。

  EUサイズ36~

シマノ

SPECIALIZED

S-Works 7 Road Shoes

S-Works Recon Shoes
IMAG0544
(2018/12/16 追記)
購入したのでレビュー記事書きました

NORTHWAVE
※海外公式だと36~ありますが、国内代理店のページだと39~のようです

  EUサイズ38~

LINTAMAN
※↓これはかかとも調整できるようです



  EUサイズ39~

GIRO


  EUサイズ40~

SIDI
※下位モデルにはもう少し小さいサイズもあるようです


  日本サイズ24cm~

MAVIC
(海外公式はたどりつけなかったため未確認、サイズがcm表記)




こうやって調べてみると私のような足の小さい人にも対応しているメーカーは結構あるんだなと思いました。個人的にはSIDIのシューズが気になっていたので、試し履きする余地もなかったのは残念でしたが・・・。

また、ここに掲載しているのはあくまで長さの目安なので、長さはあってても幅が合わないなんてこともあるでしょう。自分にフィットするものを見つけるためにもできる限り店頭で試着することをおすすめします。

足が小さいとその試着用のサイズもないってことも言われて困っちゃうんですけどねw

スマホ用では最高の手袋 Chari&Co SMART GLOVE

スマホ用の冬用手袋って確かに便利ではあるのですが、画面にタッチしてもなかなか反応しなくてイライラすることありませんか?

サイズが微妙に合ってなく指先が少しダボついている場合や、何度も利用していくうちに生地が劣化するとそうなることが多くなりますね。

でも寒いから手袋とりたくないというそんなあなたにおすすめするのがChari&CoのSMART GLOVEという手袋です。


  外観

手の甲側全体です。デザインは何種類かあるようですが、私が購入したのはOG LOGOというタイプです。
IMAG0529

手のひら側全体です。特にパッドは入っていませんが、その代わりとなる布が縫い付けてあります。
IMAG0530

手袋2つをくっつけておくためのボタンが付いてます。ただ腕時計つけるときに邪魔になるので個人的にはいらないですね。
IMAG0531

手袋つけてみたところです。画像だと人差し指と中指のところに楕円状で生地が違うところがあるのがわかりますか?これ超重要です。
IMAG0532

実はそこから指だせちゃうんですよ。これなら指のダボつきや生地の劣化関係なくスマホのタッチ操作ができます。左右両側共に親指、人差し指、中指を出せるようになってます。
IMAG0533

最後に手袋の裏側です。裏起毛になっているのは手の甲側だけです。
IMAG0534


  感想

スマホを使う事を考えたらこれ以上の冬用手袋はないでしょう。
手袋つけたまま直接指で画面をタッチできてしまうのですから操作性は抜群です。

ただ自転車用として考えると少々力不足感は否めないですね。
実際これつけてロードバイクで走ってきましたが、防寒性や防風性はそこまでなさそうですので、北の地に住んでいる人や山に行く人はこれだけだと辛いでしょう。

またパッドが入っていないので路面の凸凹による衝撃をほとんど緩和してくれません。
それまでRoecklの夏用グローブを着用していたため尚更差を感じてしまいました。

しかし行ったことのない場所に行く際は、何度もGoogle Mapで行き先を確認したくなりますから、どの手袋をつけていくのかは結構悩ましいですね。

あとは値段と入手性の低さも難点だったりします。値段は1万ちょっとで11月下旬時点だとZOZOTOWNくらいでしか売っていなかったです。

Chari&Coというブランドは自転車屋がルーツの比較的新しめのファッションブランドらしいのですが、この商品についてはもっと自転車乗り以外の一般層にもアピールしていくべきですね。

唯一無二のスマホ操作性があるわけですから。スーツに合うような地味目のデザインも用意すれば結構いける気がするんですがどうでしょう?

最後に、XSサイズください
私は手が小さいのでSサイズでも指先余っちゃうんですよね。



春秋にASSOSの夏用ジャージと組み合わせると便利なアームウォーマーEVO7

春と秋はロードバイク乗りやすい温度でいいですね。
一方で温度が微妙だから何を着ていくべきか迷う人もいるはず。

そんな時に役に立つのがアームウォーマーです。

実はLL.BONKATIGHTS_S7を買う時に、これ1つだけ海外通販で買うのもなーと
思いついでに買ったものではありますが、結構役に立ってます。

自転車に限らずアームウォーマーを使ったのはこれが人生初ではありますが、
実際に使ってみると、下記のように結構なメリットがあると実感できます。
・着脱が簡単
・バックポケットにしまえる
・夏用ジャージをより長く使える

ちなみに私が買ったのはASSOSのアームウォーマー EVO7という商品です。
IMAG0415

右側左側がわかるようにタグ付いてます。
IMAG0416

裏起毛になってます。結構暖かいです。特に滑り止めらしきものは
ついていないようですが、ライドの最中にずり落ちてくるという事は
皆無なのが不思議。
IMAG0417

普段はSS.CENTOJERSEY_EVO8と組み合わせて使ってます。
どちらもASSOS製品ですし違和感ゼロです。
IMAG0414

アームウォーマーなんてただの布の筒だろw
そんなものにお金かけるのかよwと思っている人がいるなら
とりあえず使ってみてほしいですね。本当に便利です。
(↑まあ過去の私なんですがね)

あとはASSOS製品のお約束で、国内で買うと非常に高いので海外通販で
買いましょう。海外通販に関する記事はこちら

レーパン一枚が恥ずかしい時はランニングショーツが使える

ビブショーツやビブタイツを買ってからというもの、ロードバイクに乗るときは
下はこれ1枚がベストだという事をつくづく実感しています。

しかしながら、この格好でちょっとコンビニ寄ったりラーメン食べたり
するくらいならまだいいんですが、ショッピングモールや駅周辺を徒歩で
散策するのはちょっと恥ずかしいというか抵抗があるわけです。

どうしても股間のあたりがもっこりしちゃうので、セクハラ被害で訴えられでも
したらどう勝てばいいかもわからないですしw

それをどう解決するのか考えつつスポーツ用品店に寄り、ランニングショーツを
見てこれだ!と思ったわけです。


  なぜランニングショーツなのか

理由は至ってシンプルで下記の3点です。
・軽い
・薄い
・バックポケットに入る


ちなみに私が買ったのはadidasのSnovaショーツというものです。
店頭で比較したときにこれが最も薄くて軽いと感じました。

Amazonで買おうとするとM5やM7など見慣れないサイズ展開がありますが、
後ろの数字は股下の長さで5のほうが短いです。私が購入したのはS5サイズです。

実際の重さはというと、たったの84g!
Snova 重さ

別記事に書いているZiploc お手軽バッグSサイズにも収まります。
これで汗対策もバッチリです。
Snova Ziploc

この状態で、愛用しているSS.CENTOJERSEY_EVO8のバックポケットにも
収まります。これでロードバイクに乗るときはビブタイツ一枚、
徒歩で散策する時は上にSnovaショーツを履くというスタイルが可能です。
Snova バックポケット


  その他外観

正面
Snova 正面

背面
Snova 背面

裾部分を拡大。格子状に穴が空いてます。結構スケスケです。
軽いのはこのせいでもありそうですね。通気性もかなり良さそうです。
Snova 裾拡大

大事なところもスケスケになってしまうのか!?と思えばそんなこともなく、
極薄のハーフパンツの下に薄いブリーフがある、みたいな2層構造になってます。
実は写真を撮るときにはじめて気が付きましたw
Snova 内側2

腰回りはゴムとひもで締めつける構造になってます。
Snova 内側

ポケットは右側にしかありません。ランニングの事を考慮してこうなっているのかも
しれませんが、正直なところ口が狭くて使いづらいです。
Snova 右ポケット

ビブタイツの上に履いてみました。股間のもっこりとは無縁です。
Snova + ビブタイツ


今のところはビブタイツやビブショーツの上に着るものはこれが一番だと
思ってますが、何か他に代用できるものがあれば教えてもらえると嬉しいですね。

特にポケットが何とかなってくれると、一時的にグローブやらなんやらを
入れるスペースとして使えて便利そうなんですよね。
プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文