その他グッズ

自転車用チューブの超新星 tubolito tubo road 700c tube

いつかはチューブレスタイヤの乗り心地を味わってみたいと思いつつも、そうするためにはホイールも買い替えなければいけないし、今のロードバイクのホイールだけ変えるのもアレだから全部変えたいと思いつつ何も進んでいない毎日を送っている私です。

ですので相変わらずロードバイクのタイヤはクリンチャーなわけですが、自転車用のチューブはそれはそれでいつの間にか進化していたのです。それが今回紹介するtubolito tubo road 700c tubeです。

IMAG0673

まずパッとみて鮮やかなオレンジ色に目がいきますが、これの特徴は何といっても軽い!重さは60mmバルブで42g。
IMAG0680

ロード用だと42mmバルブのものもありますし、シクロクロス用やMTB用もあります。いつの間にか発売していたディスクブレーキ専用だとよりこれよりも薄いようで重さも23~24gと尋常ではない軽さのようです。

比較用に手持ちのVittoriaのUltralite inner tubeの重さも測ってみました。こちらは114g。ウルトラライトってなんだっけ?いかにtuboliteが軽いかおわかりいただけただろうか?
IMAG0679

両方のチューブを丸めて厚さを比較するとこんな感じです。圧倒的に薄い!
IMAG0672

これだけ薄いとすぐに空気抜けないか心配になるかもしれませんが、全く問題ありませんでした。

現在タイヤの劣化具合の関係で前側tubolite + Continental GP5000、後側Vittoria Ultralite tube + Vittoria Corsa G+という変則的な組み合わせでロードバイクに乗ってますが、前後のタイヤ7気圧スタートで空気の減り方は同じくらいだと思います。(正確に測ったわけではないためほぼ体感です)

乗り心地についてタイヤも一緒に変えてしまっているので比較にならず参考にはならないですが、転がり抵抗がちょっと減った感じがしつつもしなやかな乗り心地になった気がします。

欠点はオレンジで目立つのが人によっては気になるという事と、自転車用のチューブにしてはかなり高いという事でしょうか。海外通販することである程度は安く買えます。(海外通販に関する記事はこちら)

もう少し自転車の乗り心地をよくしたいなと思いつつも、チューブレスに移行するか迷っている方はとりあえずこのtuboliteを試してみてはいかがでしょう。パンクが心配でしたらパッチも一緒にどうぞ。

1本満足バー プロテインチョコ

朝食代わりにウイダーinバープロテインシリーズを良く食べている私ですが、最近1本満足バーもプロテインバーを発売したという事を知って早速チョコ味を食べました。(公式ページはこちら)
一本満足チョコ

今までチョコ味といえばウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコを食べていたわけですが、チョコ味に関しては今後はこちらを食べようと思ってます。

開封するとこんな感じになってます。
一本満足チョコ 開封

元々チョコ味のものが結構好きなので味はかなり好きですが、個人的にはもう少しビターなほうがいいですね。

食感は森永のチョコフレークをバー状に固めた感じで、ザクザクとした食感がかなりいい感じです。

今後の朝飯はこれとウイダーinバー プロテイン バニラのツートップでいこうと思ってます。飽きたら別の味をたまに食べる感じで。

ただ残念なことに、まだAmazon定期便でまとめて買うことが出来ないんですよね。早く対応してくれると嬉しいです。

(2019/1/29 追記)
最近はAmazon定期便云々どころか、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングどこみてもボッタクリ値段のものしか在庫残ってないのマジなんなんだ・・・。

最近ではウイダーinバー プロテイン バニラよりも気に入っているのに・・・。

(2019/3/9 追記)
あまりにも売っていないので、最近はBSNのプロテインクリスプを食べることにしました。詳細はこちら



はやめという言葉では生温いロードバイク漫画 はやめブラストギア

ロードバイクの漫画といったら今だと弱虫ペダルを思い浮かべる人が多いと思いますが、そんな中私はtwitterのタイムラインでたまに流れてくる「はやめブラストギア」がずっと気になってたんです。

それでGoogle Playのクーポンで漫画が安く買えたので試しに1巻を買って読んでみたんですけど、そしたら・・・

『おれは「はやめブラストギア」の1巻を読み終わったと思ったらいつのまにか5巻まで買っていた』
ポルナレフ

という状態になっていましたw


  どんな漫画?

世紀末デストライド系ロードバイクバトル漫画です(真顔)。なんだそれはと思った方は極めて正常です。

まずこの漫画と切っても切り離せない用語であるデストライドについて説明しますと、お互いの自転車のパーツを賭けて争われるなんでもアリのサイクルロードレースです。

先にゴールしても勝ちですし、相手を攻撃してリタイアさせても勝ちです。物理的に攻撃、メンタルを攻撃、なんでもアリです。

主人公である円城寺はやめはひょんなことからデストライドに巻き込まれてしまうのですが、ある日対戦相手のロードバイクについている「オーメストグランデ」というブランドのパーツが行方不明になった父の手掛かりであることを知ります。

そこからオーメストグランデのパーツやその手掛かりを持っている各地の王(キング)とデストライドをして友情を育んでいく・・・そんなお話です。

ロードレースものであると同時に友情もの、バトルもの、冒険ものでもあります。

そして最高にバカ(褒め言葉)な漫画です。※ここ超重要


  多彩なキャラクター

まず1巻の表紙にも書いている主人公の円城寺はやめ。パッと見ロードバイク好きの普通の女の子です。ここだけ見てもそうなんだくらいにしか思わないでしょう。
1巻表紙

しかし、ちょっとページをめくったらこれであるw
はやめ世紀末ヒャッハー

ちなみに私はtwitterのタイムラインで世紀末ヒャッハーな連中のコマを見てしまい、それ以来この漫画が気になって買ってしまったわけです。北斗の拳が大好きなもので。

世紀末ヒャッハーな連中以外にも忍者、クトゥルフ教祖と信者、闇の組織とか色々出てきます。

それと各地の王も肩書を持ってます。まず主人公は白虎王。他には死神王、餓狼王、夜叉王、邪神王などなど。

ここだけ見ると一体何の漫画だとなりますねw


  必殺技の数々

王は肩書だけではなく大体必殺技も持ってます。いくつか例を挙げると
デス・バレット
デッドリー・アックス
ツインテール・ウィップ
バハムート・サイクロン


繰り返しますがロードバイク漫画です。殺る気満々ですねw


  リアルな理論からのやりすぎな漫画的描写

作者の竹山祐右先生はロードバイクを乗っているためか、漫画に出てくるメーカー名、地名、理論はリアルそのものです。(ビアンキ、風張峠、ダンシングなど)

ですから普段からロードバイクに乗っている私も納得しながら見ることが出来るのですが、そんなところで終わるはずがないのがこの漫画です。

例えばこのクラウチングフォーム。下記のコマに描いている通り空気抵抗を減らすためのフォームです。私もフルームがレースでやっているのを見て初めて知りました。
クラウチングスタイル

ところがこの漫画のクラウチングフォームはガードレールも走れますw
クラウチングスタイル2

こんな感じで言っていることは確かに合っているけれど、そこまではないだろwみたいなことが出てきます。だがそれがいい。


久々に漫画を買いましたが、この「はやめブラストギア」はなかなかの当たりでした。ロードバイクに関するリアリティを追求するよりかは漫画として面白ければなんでもいいと思っている人向きです。(ちなみに私は後者)

またロードバイクに乗っていなくてもなかなか楽しめると思うので是非とも色んな人に読んでもらいたいですね。それでロードバイクに興味を持って買って乗り始めたら、この漫画をもっと楽しめるようになりますよ。

ちなみに私はこの漫画がきっかけで近々近くの峠を攻めることにしました。ただ今までヒルクライムをしたことがないので「峠(ヒル)での無知は罪(クライム)と知れ」って言われそうですねw

デストライドを仕掛けられないよう気を付けて上りますw

カーボンロードでも使えるスタンド Upstanding Bicycle Company THE COMMUTER UPSTAND

自転車のスタンドっていくつか種類があるんですが、カーボンフレームのロードバイクにはフレームに挟み込んで取つけるようなタイプのスタンドは使えないんですよ。

それでもカーボンロードでたまに買い物行きたくなる時ありますよね?
買い物する先で都合よくロードバイクを立てかける場所があればいいのですが、ないことも間違いなくありますし、そんな場合にはスタンド欲しくなりますよね。

そんなあなたの願望をかなえてくれるのが、このUpstanding Bicycle CompanyのTHE COMMUTER UPSTANDです。
commuter
このスタンドには折りたためるタイプと折りたためないタイプがあり、私は折りたためないほうを買いました。

使い方はスタンドの付属品に下記のようなタブと呼ばれる付属品が入ってますので、タイヤと一緒にタブを挟んでクイックリリースを通すだけです。
12mmタブ
ちなみに付属しているのは画像左下の9mm(クイックリリース用)穴タブで、その他のサイズは別売りになります。
画像右のタブは12mm穴タブでこれを使えばスルーアクスルでも取り付けられます

スタンドだけ外すとこんな感じになります。タブとスタンドは磁石でくっつくように
なっているのでつけ外しは簡単です。タブが錆びてるのは気にしないで・・・。
commuter外し

外したスタンドは専用のホルダーに固定しておくことが出来ます。
ホルダーはボトルケージ取付用の穴があればケージと一緒に取り付けられます。

このホルダーは折りたためないタイプのスタンドには標準で付属してますが、折りたためるタイプには付属していないらしい。
commuter収納

このスタンド結構普段から使ってますが、結構便利です。それにカーボン製らしいので軽いです。

ただもう少し安定感が欲しい。コンビニに立ち寄るために使うくらいならいいですが、駐輪場でずっと使う分には少々頼りないでしょう。

ちょっとスタンド自体が長い気がするのでもう少し短くできれば良さそうですね。
またゴム足が頼りないので、もっと良い代わりのものがあれば安定感増しそうです。


カーボンロードに使えるスタンドは現状数少ないので、このスタンドは結構使える製品であることは間違いないですね。

同時に競合となるカーボンフレームでもスルーアクスルでも使えるスタンドが出てきてほしいところ。



Altor APEX Tiは560Gからどう変わった?

今まで自転車用のロックは盗難防止の記事にも書いているAltor 560Gという
チタン製の折り畳み式のものを使ってまして、その後継モデルである
APEX Tiが発売されました。

あまり買う必要もないとは思ったのですが、予約特典みたいなもので
本体価格50%offで94.5$だったのでつい買ってしまいました。
送料が50$近くしたのが残念。


  外観

開封の儀。
IMAG0489

内容物を取り出したところです。APEX Ti本体、ボトルケージに取り付けるための
アタッチメントとねじ、鍵が同梱されてます。
IMAG0491

ボトルケージに取り付けるとこんな感じになります。
IMAG0507

重さは実測で723gでした。
IMAG0498


  APEX Ti vs 560G

ここからは実際どう違うのか比較していきます。

APEX Tiのほうが長い
IMAG0499
画像を見れば差は歴然ですね。実測するの忘れましたが、560Gは
26インチに対しAPEX Tiは30.5インチだそうです。

曲げて重ねてみても差はよくわかります。この差が地球ロックのやりやすさに
つながります。
IMAG0500


APEX Tiのほうが重い

560Gは実際に測ったら580gでしたので143g増ですね。
長くなった分仕方がないです。


アタッチメントが改善

折りたたんで移動する際にはアタッチメントに取り付けた後に付属のゴムバンドで
縛って固定するわけですが、固定に必要なピンが太くなりました。
突起物がそれにあたります。右側がAPEX Ti用のものです。
IMAG0505

560G用のアタッチメントのピンが実は結構貧弱で1か月も経たないうちに
ぽっきり折れました。それからは別のゴムバンドのようなもので代用して
固定してました。ですからこれは地味にありがたいです。
IMAG0506

また560G用はピン2つとゴムバンドで固定してましたが、APEX Ti用は
ゴムバンドの片側がねじ止めされてます。
IMAG0503


コーティングが違う
IMAG0502
画像では少々見づらくて申し訳ないのですが、560Gはそこそこ厚い
ビニールのようなものでコーティングされてます。銀色の部分の近くを
よく見ると被覆があるところとないところの境界線があります。

対してAPEX Tiはというと極薄くコーティングされているように見えます。
コーティングされていないのでは?と思ったりもしましたが、金属をそのまま
触った時と感触が違います。

これについてはどちらがいいかというのは判断できないですね。

後は関節が少し固くなったようにも思います。ただしこれは使い始めだから
というだけかもしれません。


560GからAPEX Tiから大きく変わった点と言えば長くなった分重くなったと
いうこととアタッチメントが色々改善されたという点が少々目立つくらいで
他は正直なところそこまで変わってはいないという印象です。

ですから560Gを持っていてそれに満足している人はわざわざ買う必要は
ないですが、ある程度使ってるとこの地味な改善点が結構いいと思えてきます。

(11/29追記)
今まで560Gでは地球ロックできなかったのに、APEX Tiではできるようになった!
という事が地味に増えてきました。今まで職場に駐輪する際は560G + ワイヤーで
ロックしていたところをAPEX Tiのみにできたのはかなり大きいです。
プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文