便利グッズ

極薄紙財布 The Micro Wallet

2018年はMOTHERLODEの自転車用の財布mobacのキーケース
Mary Lambのマネーバンドを買いましたが、財布に対する探究は
まだ終わってなかったのです。

それで次に手を出したのはThe Micro Wallet。クラウドファンディングの
サイトINDIEGOGOのメルマガで発見してそのまま購入に至りました。

本当は2つあれば十分ではあったのですが、4つ買うのがお買い得そうに
見えたので無駄に4つ買いましたw ちなみに4つで49$でした。
Micro Wallet

タイトルにもある通り素材は紙なわけですが、もちろんただの紙ではなく
・耐水
・高耐久
・高強度
・軽量
・エコ
という5つの特徴を備えたTYVEKという特殊な紙のようです。


  外観

封を切ったところです。使い方とか解説が書いてます。
Micro Wallet 内容物

指でつまんだ状態の厚さを測ると3mmくらいです。
質感は本当に何の変哲もない紙そのものです。
Micro Wallet 厚さ
INDIEGOGOのページだと0.3mmと書いてますが、さすがに誇張しすぎでは?
と思いました。同じようにノギスでつぶすように測ればいけるのかな?
何にせよ薄いことには変わりないです。


重さはたったの9g。めちゃくちゃ軽いです。
Micro Wallet 重さ

お札やカードはこんな感じで入れることが出来ます。
Micro Wallet 収納
INDIEGOGOのページだとカードは8枚まで入るようですが、そこまでやると
かなり窮屈になります。カードの厚さにもよりますが4~6枚程度で収めると
出し入れするにも丁度よい印象です。


横から見たところです。
Micro Wallet 横ポケット
写真だとわかりにくいですが、右側にプラスチックようなカードが入っています。
おそらくRFIDシールドというものでスキミング防止できるようです。

逆に言うとSuica等の電子マネーは折りたたんだまま使えないという事ですので
ご注意ください。


5千円札1枚、千円札4枚、カード4枚入れた状態で8mmくらいです。
カードやお札を入れすぎると自然に2つ折り状態にならなくなりますが、
使っているうちにある程度なじんできてそのうち2つ折りにしやすくなります。
Micro Wallet 厚さ2


  感想

かなり気に入りました。財布の省スペース化と使いやすさはある程度
トレードオフの関係にあると思うのですが、これは省スペース寄りで
高いレベルで両立できています。

カードやお札しか使わない、小銭入れを別に持っていて省スペース化したい
という人にとってはかなり良い選択肢ではないでしょうか。

ただ、素材はあくまでも紙なので少々安っぽいことは否めません。
財布にブランドや高級感といったものを求めている人には不向きです。
そんな事より機能重視という方は是非。

私はこのMicro Walletを手に入れたことで自転車乗るときのスタイルが
こんな感じに変わりました。
Micro Wallet zip
ZiplocにスマホとMicro Wallet 2つ入れてます。
スマホの指紋認証と操作がこのままできるので便利です。欠点は見た目ですw


スマホ使わない時はこんな感じで折りたたんでバックポケットにしまってます。
小銭入れについてはmobacのキーケースでカバーしてます。
Micro Wallet 折り畳み


ちなみに自転車に乗らない時はZiplocを使わないだけで基本そのままです。
自転車に乗るときと乗らない時で財布を使い分ける必要がなくなって
面倒を1つなくすことができました。

とりあえずはこれで財布探しについては一段落です。
もっと画期的な物が出てくるまでは、しばらくはこれでいきます。

バックポケットにもの入れるときの汗対策にZiploc

自転車にずっと乗っていると汗かいてくるわけです。
体の汗はインナーやサイクルジャージがある程度吸収してくれるわけですが、
顔についてはどうにもならず汗が滴ってきます。

信号待ちの時にハンカチやタオルで拭けばいいんですが、バックポケットにそのまま
入れておくと汗で湿ってきていざ拭こうという時にげんなりします。

そんな時に活躍するのがZiploc。
Ziploc

こんな感じでハンカチやタオル詰めておきましょう。
Ziploc2

Ziplocにはいくつかラインナップがありますが、私が使っているのは
ジップロックお手軽バックSサイズです。

サイズは150mm×165mmでノーマルのZiplocよりも薄くて
バックポケットに入れる分にはちょうど良いサイズです。

薄い分耐久性はあまりなさそうですが、100枚セットの買いましたし
1枚5円以下なので適当に使いつぶせます。

ちなみにスマホを中に入れてもそのままタッチ操作できるどころか
指紋認証まで通せます

私は自転車で移動する時、スマホはMOTHERLODEのスマホが入る自転車財布
入れてますが、とりあえず汗対策どうするか何も決めてないなら
Ziploc買っておけばいいです。

Ziplocはシンプルながら色々と使いどころが多くてよい製品ですね。
まだまだ余っているのでこれからも活躍の場が色々出てくるでしょう。

the RIDGEの廉価版 Mary Lamb マネーバンド

この記事に書いたmobacの小銭入れ付きキーケースを買った時に
今まで使っていた財布の小銭入れ要らないんじゃないかという事で
カードとお札を入れることが出来て省スペースなものを探してたんですよ。

それでわたくし、見つけました。the RIDGEのマネーバンド
厚さは入れるカードとお札次第ですが、大きさはクレジットカードなんかと一緒です。

これは材質アルミですがチタンとかカーボンとかあるしカッコイイじゃん!
と思ってたんですが高い。1万円以上します。

すぐには買えないなと思いもう少し安いのないかと思い探してて見つけたのが
今回紹介するMary Lambのマネーバンドです。
ML正面
ぶっちゃけパクリだろコレwと思いながらも、とりあえず使えればいいやという事で
購入しました。私が買った時は2980円でthe RIDGEのより圧倒的に安かったです。

裏には滑り止め付きのゴムバンドがついてまして、そこにお札を挟めます。
ML裏

お札を挟んだところです。
MLお札入れ

カードは2つのプレートの間に挟む構造になってます。
MLカード入れ
ゴムバンドで押さえつける構造になっているため、プレートに接触するカードは
出来るだけ傷ついても気にしないものにしましょう。
普段は9枚カード挟んでますが、もう少し増やしても問題なさそうです。


  カードの取り出し方

我流ですが参考までに。

①人差し指をくぼみの部分に当て、親指を手前側のプレートに当てる。
ML指かけ

横から見るとこんな感じです。
ML側面

②人差し指がプレートのくぼみに収まるように人差し指と親指で
 プレートを挟み込む。
MLカード引き出し
うまくやれば扇状にカードが出てくるので、この状態でカードを取り出します。


今は自転車乗らない時にこれ使ってますが、マネーバンドやマネークリップは
便利な面も不便な面もあって好みが分かれると実感してます。

会計の際にクレジットカードだけ出せばいい時は圧倒的に便利です。

一方、お札やジェフグルメカードと同時にポイントカードを出しつつ
おつりをもらわなければいけない場面だと不便です。

手にマネーバンドとキーケースを持ちつつ色んな場所から物を出し入れしないと
いけないので、今でもあたふたする時がありますw

普段分厚い財布を持つのは嫌だけど、カードをたくさん持ちたいという方は
購入を検討してみてはいかがでしょう。
小銭が要らない状況だと結構良いアイテムです。

本物志向な方はthe RIDGEのほうをどうぞ。

普通に切れる 無印良品 スチール爪切り

ぶっちゃけ爪切りって1つ買ってしまえば次に買い替える機会ってほとんどないと
思うんですよ。単純な構造だから滅多に壊れることもないわけですし。

しかし何かのWebの記事(ド忘れ)に無印の爪切りが切れるって書いてまして
ずっと気になってたんですよね。

それでMUJIカード発行したボーナスポイントでようやく入手しました!
爪切り

見た目も機能もなんてことない普通の爪切りです。
爪切り2

帰宅後に早速爪を切ってみたんですが、確かに切れる

ちなみに今まで使っていた爪切りは100円均一で手に入れたものではないものの、
15年以上前から使っているどこで手に入れたのかも覚えていない爪切りです。
それと比較すると刃の入りが違います。

ヤスリについてはもっと目が細かいほうがいい気がします。
といっても私はヤスリ使わないですが・・・。

爪切りに不満持っている人はほとんどいない気がしますが、小サイズで450円、
大サイズで650円なので気が向いたら買ってみてください。
私が買ったのは大サイズです。

金を払いたくないという人はMUJIカード発行して付与されたボーナスポイント使えば
実質タダで入手できます。ポイントサイト経由で発行すれば更にお得!
ポイントサイトに関する記事はこちら



V-WHITEは歯磨きに革命を起こせるか!?

vw

4か月ほど前にクラウドファンディングのサイトINDIEGOGOで
V-WHITEという手放しで、それも短時間で歯を磨けてしまうらしいという
製品を見つけてしまい、ついつい購入してしまったのです。

サラリーマンの朝は忙しいからね。

それでタイトルの通り革命を起こしてくれるのか!?という点については
うーん、厳しい。理由は後で述べていきます。

外箱と内容物です。V-WHITE本体、マニュアル、充電器と充電用の
ケーブルが格納されてます
vw中身

充電しているところです。青い光がちょっとだけきれいだと思った。
vw充電
使い方は見た目を見れば大体わかるのですが、マウスピースをくわえて
真ん中の電源ボタンを押して終わるのを待つといった具合です。

電源ボタンがあって押すたびに弱→強→クリーニングモード→電源断
と切り替えられます。ボタン長押しでも電源を切ることが出来ます。


それで何回か使ってみたので長所と短所を述べていきます。

長所
・マウスピースをくわえて歯を磨くので、両手が空いて他の事が出来る。
・45秒程度で終わる。
・1度充電すると、少なくとも1週間はもつ。
・市販の歯磨き粉が使える。

短所
・奥歯の奥までマウスピースが届かない。
・そもそもしっかり磨けているかがわからない。
・よくありがちなチューブタイプの歯磨き粉を使うと、洗うのがめんどくなる。

革命起こすのに不十分だと思った理由は、短所の上2つが主ですね。
特にどう考えても磨き残しがある部分が発生してしまうのは致命的です。
ですので私は元々使っていた電動歯ブラシをまた使うことにしました。

では全く役に立たないのかといえばそんなこともなくて、うっかり寝坊してしまって
「やべー、早く会社いかなきゃ。でもエチケット的に歯磨かないと。」
なんてシチュエーションだと最高でしょうw
(キシリトールガムを噛めばいいじゃんとかいう意見は受け付けない)

あと短所3つ目については、泡タイプの歯磨き粉使えば解決できますよ。
こういうのです↓

入手方法についてですが、今でしたらAmazonマーケットプレイスで販売している
方がいらっしゃるようですので、そちら買うのがいいんじゃないかと思います。
私がINDIEGOGOで買った値段よりも安いです。

ちなみにこの記事執筆時点の2018/8/26だとINDIEGOGOでも買えますが、
やっぱりAmazonのほうが安いです。


プロフィール
メタルとロードバイクとゲームをこよなく愛する 1985年生まれのフリーランス。 最高のロードバイクとそれを置くためのマンションを買うのがしばらくの目標。
  自己紹介はこちら
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
その他リンク集
メッセージ

名前
メール
本文